高校生でもできる国際協力。学校までの登下校を7.4キロ歩きます。

寄付先:
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
twitter
facebook
木村真奈実
現在の支援金額
¥1,000
支援者数
1人
残り
9日
20%
現在: 
20%
目標金額: 
¥5,000
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / Amazon Pay

歩く国際協力 秋の特別キャンペーンのために「水汲みをしている女の子や女性の視点に立ち、7.4キロを歩いて登下校」にチャレンジして寄付を募ります!

■ 私が歩く国際協力「Walk in Her Shoes」 秋の特別キャンペーンのために寄付を集めようと思ったきっかけ

ガールスカウトに所属していて、歩く国際協力「Walk in Her Shoes」 について学ぶ機会があり、女性や女の子が、毎日水汲みの為に時間を奪われていることを知りました。

これまでも、街頭募金などで、よりよい社会になるような活動をしてきました。ただ、この歩く国際協力「Walk in Her Shoes」は今までの活動とは違った視点で、高校生でもできる国際協力だと学ぶことができました。

自分が何かアクションを起こすことで、少しでも途上国の「生活の質向上」のために、支援ができたらと考えています。

チャレンジ期間中は、普段電車で通っている学校の行き帰り7.4キロを、歩いて登下校します。

毎日水汲みに行かなければならない女の子や女性の視点に立ち考えることは難しいと思いますが、今私に出来ることを精一杯やりたいと思っています。

応援よろしくお願いします。

■ 歩く国際協力「Walk in Her Shoes」 キャンペーンとは

安全な水を手に入れることが難しい地域の女性や女の子は毎日約8,000歩(約6キロ)の道のりを歩きます。

教育や仕事など、人生のたくさんの機会を「水汲みのための時間」に費やしています。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes」 キャンペーンはそんな世界の”彼女”たちの気持ちを想像しながら普段の生活の中で好きな時に、好きな場所で歩くだけのシンプルで健康的な国際協力です。

(ケア・インターナショナル ジャパンHPより)

■ 寄付金の使いみち

寄付金は、決済手数料を除き、私の応援する団体、国際協力NGO ケア・インターナショナル ジャパンへ全額寄付されます。

ケア・インターナショナル ジャパンは、世界90ヶ国以上で人道支援活動を行う国際NGOケア・インターナショナルの一員です。災害時の緊急・復興支援や「女性や女子」の自立支援を通して貧困のない社会を目指しています。いただいたご寄付は、アジア・アフリカなどの途上国において、女性や女子の自立支援活動に大切に活用されます。

※ケア・インターナショナル ジャパンへのご寄付は寄付金控除の対象です。

<1,000円でできること(例)>

水へのアクセスは健康や衛生状態に重要な役割を果たします。例えば1,000円で、緊急時や災害時に使用する、約1000Lの安全な水を準備することができます。

応援メッセージ

非公開
非公開
わたしも学生時代にボーイスカウトでした。応援いたします。
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
団体名

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン

国際協力 / 女性支援 / 子どもの教育
CAREは、1945年から100カ国以上で人道支援活動を実施してきた世界最大級の国際協力NGOです。主にアジアやアフリカにおいて、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や女子」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況にある人々の自立を支援しています。