このキャンペーンは継続寄付になります。
このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

生活に困窮する一人暮らしの方を支えるマンスリーサポーター50名募集!

寄付先:
NPO法人 でんでん虫の会
でんでん虫の会
30人
/目標:50人
60%
30人
現在の支援者数
¥31,191
支援金額
終了
残り
継続寄付する
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

20~30代半ばの私は、消えない人間不信と自殺願望、2度の疾走、返せない借金、倒産などで心が窒息しそうでした。無様に落ちぶれた私にも変わらぬ愛情が注がれていることを両親と主人が辛抱強く示してくれたお陰でこうして生きています。そして、父から授かった浅井一彦博士とアサイゲルマニウムとの出会いで健康産業に携わって25年弱、51歳になりました。

私には愛情深い家族がいたから運が良かったのか?

それを失ったらどうなるのか?

心が孤独に陥った時こそ愛されていることを実感し、感謝できるという経験をさせてもらえた私を生かすために出会うべくして出会った会、それが「でんでん虫の会」だと思っています。

授かった二つの仕事を通して、人々の元気に少しでも貢献出来るよう生きる、それが生かされて出来る恩返しだと信じて歩んでいます。

熊本地震以降、孤立する方々が増え、「ひとりじゃないよ」「でんでん虫の会に相談してみたら?」、そんな声に応えられる会であり続けるためには資金の応援が不可欠な現状にあります。

月々500円の寄付が可能な方、ご賛同頂けましたらマンスリーサポーターになって頂きたい。

活動に専念できる人材を一人でもいいから雇用できるように願っています。

最後に共にボランティアとして走ってくださっている方々、支え合う会員さんたちをはじめ日頃から応援してくださっている皆さまに心より感謝申し上げます。

永田貴子

twitter
facebook

応援メッセージ

非公開
非公開
応援しています!
非公開
非公開
応援しています!
非公開
非公開
応援しています!!
NPO法人 でんでん虫の会
団体名

NPO法人 でんでん虫の会

障がい・介護支援 / 防災・被災地支援 / 保健・医療増進
2010年春、死後2か月して発見された元ホームレスとの別れがきっかけになって活動を開始。 「ひとり暮らしを支え合うNPO法人でんでん虫の会」の活動は10年を超えました。 自然災害や新型コロナウィルスの影響により、孤立感を抱えた方々が激増し、家族のように寄り添う当会の活動への新規相談の依頼をひっきりなしに受けます。 ますます必要とされる活動ですが厳しい運営が迫られています。 会の趣旨に賛同していただき、ぜひ、マンスリーサポーターに加わっていただき、支え合いの輪を広げてください。