このキャンペーンは継続寄付になります。
このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

生活に困窮する一人暮らしの方を支えるマンスリーサポーター50名募集!

寄付先:
NPO法人 でんでん虫の会
でんでん虫の会
22人
/目標:50人
44%
22人
現在の支援者数
¥26,046
支援金額
14日
残り

ひとり暮らし支えあう事業が継続できるよう、マンスリーサポーターを募っています

私たちでんでん虫の会は、ひとり暮らしの生活困窮者の方々を、安否確認や相談活動、孤立防止のための交流機会をつくることを通じて支えあうNPO法人です。

ひとり暮らしをされている“社会的弱者”と言われる元野宿者、高齢者、障がい者、DV被害者などへの安否確認や相談活動を通じて孤立を防ぎ、社会参加や相互交流の機会をつくりながら、人と人とのつながりや絆を深め、安心して暮らすことのできる地域づくりに寄与することを目指しています。

「ひとりじゃないよ」を合言葉に活動を初めて今年で11年。訪問・相談支援事業や相互交流の機会づくりなどの様々な形で、20000人を超えるひとり暮らしの方を支援してきました。

そして2020年5月以降、新型コロナウイルスの感染拡大により相談件数が急増。年間の相談件数は5000件と、前年の倍以上になりました。

「行く当てを無くした方の緊急避難場所をさがしている」「万が一亡くなられた場合の身元引受をお願いできないか」そんな問い合わせが、毎日私たちのもとに届きます。私たちでんでん虫の会の活動の重要性は日に日に増していると感じています。

11年間、でんでん虫の会は色々な助成金団体の支援を主な活動資金として活動を続けてきました。

しかし、活動の必要性が増したことによる事業拡大に、資金面で対応しきれていないのが現状です。

事業の社会的な重要性がます今こそ、、安定した経済基盤や新たな収入源を持つことで、既存の事業を継続し、より安定したものにしたい。そんな想いで、マンスリーサポーター募集キャンペーンの実施に至りました。

でんでん虫の会が取り組むこと

わたしたちでんでん虫の会は、主に3つの事業に取り組んでいます。

経済的な生活困窮に加え社会的なつながりが弱くなっている方に必要な支援を、医療機関・フードバンク・地域包括支援センター・行政など様々な機関と連携しながら取り組んでいます。

「わたしたちができることはこれです」とメニューを提示するのではなく、とにかく目の前の人の困りごとに向き合い、できることをなんでもします。だからこそ制度の狭間にいる人の支援ができるのです。

「発達障害のボーダーにいる」「事情があって親族から支援を受けられない」など、現状の支援制度の狭間で取り残されてしまっている人たちを救う受け皿の役割を担っています。こちらから生活に困っている方の自宅に訪問することもあれば、電話やLINEの相談窓口からご連絡を頂くことなどがあります。例えば、以下のような支援事例があります。



危機的な生活を脱したとしても、人とのつながりを持てず日常的に孤独を感じている状態では心身共に安定した生活を送ることはできません。そのため、一人暮らしの方同士で「顔が見える関係」を構築するサポートをしています。

活動開始直後から、毎週水曜日の午後の開催してきた「おしゃべり会」には毎回30名程度の方が訪れています。困りごとをお互いに支え合おうとの趣旨から始まった「ささえ愛サービス」では、でんでん虫の会の繋がりのある方たち同士で草取りや買い物など簡単な作業を依頼し合う仕組みをつくりました。

また、でんでん虫の会の会員さんや終末のお見送りをさせて頂いた方が亡くなられた際には「お別れ会」を開き、出棺前にみんなで歌を歌ったり、棺に思い出の品を入れながら関わりのある方たちで言葉を交わします。出棺の際は手を振ってお別れします。


人と人と「顔が見える関係」をつくり・維持することが、誰もが安心して暮らすために不可欠だと考えています。


1人暮らしの方が、自分の居場所を見つけ、社会に参加する喜びを得る機会をもてるように、就労支援事業を行っています。就職先の紹介、就労相談所への同行だけでなく、病気などの事情でフルタイムの仕事が難しい方向けに一日数時間からの簡単な仕事の紹介もしています。

また、1人暮らしの寂しさからアルコールやギャンブルに依存してしまう方を対象に「生活費支払い支援」を行っています。ご本人の希望に応じて通帳をお預かりし、週に1~数回に分けて生活費のお渡しを行います。ご本人の大切なお金を管理させて頂くことになるため、信頼関係を大切に「生活を安定させるための仕組みの実現」を一緒に考えます。

代表あいさつ

2010年春、死後2か月して発見された元ホームレスとの別れがきっかけになって活動を開始した「ひとり暮らしを支え合うNPO法人でんでん虫の会」の活動は、おかげさまで10年を超えることができました。これまでいただいた会員や連携団体、地域の方々のお支えに心より感謝申し上げます。

さて、昨今の自然災害や新型コロナウィルスの影響により、生きづらさや孤立感を抱えた方々が激増しています。家族のように寄り添う当会の活動が広く地域に伝わり、様々な個人や団体からの新規相談の依頼をひっきりなしに受けるようになりました。

小さな団体ですが、無くなってしまっては困るという声を耳にします。ますます必要とされる活動ですが、助成金を申請しても採択されず、厳しい運営が迫られています。「誰一人取り残さない」という、持続可能な開発目標=SDGsの理念を実現するためにもでんでん虫の会の活動をお支えください。

つきましては、会の趣旨に賛同いただき、マンスリーサポーターに加わっていただき、さらに、お知り合いの方をご紹介いただき、支援の輪を広げてください。どうか助けてください。

応援メッセ―ジ

高木聡史さん(一般社団法人minori 代表理事)

「でんでん虫の会」の誰も取り残さない「ひとりじゃないよ」の理念に基づいた活動に心から賛同しています。僕たちの社会にはいろんなセーフティネットがあるけれどそれを使うことを馬鹿にしたり、負い目に感じさせる環境が同じようにあります。 

どんなにシステムがしっかりしても最後は支え合う人の問題だと思います。制度の隙間にある人たちを支えながら、助け合う人の繋がりを手弁当で作り出し続けているのがでんでん虫の皆さんです。わたしも仲間の一人として心から応援しています。

藤田孝典様(反貧困ネットワーク埼玉 代表)

現在、政府も政治課題にするほど、日本全国で貧困と格差が大きな問題になっています。子どもから高齢者まで多くの人たちが困窮に苦しみ、将来不安を抱えています。ホームレス状態に至る方もいます。その一方で、貧困改善、格差是正、困窮者支援のために地道な取り組みを続ける団体、個人も少ない状況です。痛み苦しむ人たち、絶望感に覆われる人たちに手を差し伸べ、一緒に生きることを模索する活動はエッセンシャルワークであり、最も尊いとも言えるものです。これらの市民活動が活発化すれば、社会や政治もその重要性に気づき、貧困や格差を縮小、解消に向けて取り組みが進みます。先駆的な福祉実践を続けるでんでん虫の会をご支援ください。

土黒功司さん(一般社団法人 よか隊ネット熊本 代表 )

でんでん虫の会さんとのつながりは、熊本地震の災害支援の時から始まり、現在にまで至ります。「災害支援」という答えのない難しい活動において、でんでん虫の会のスタッフの皆さんのとても暖かく、一人ひとりに寄り添った支援に、いつも助けられてきました。
「困窮者支援」という、非常に難しく、しかしながら現代社会においてとても重要な社会課題に紳士に向かわれているこの団体が末永く継続していけることが、社会においてもとても重要であると感じております。マンスリーサポーター制度によって、活動が安定し、一人でも多くの方に温かい支援が届きますことを願っております。

本庄弘次さん(医療法人弘生会本庄内科医院 院長・当会理事)

コロナウィルスの流行や数々の災害が繰り返される現在、人と人との助け合いや関わり合いが求められています。しかし核家族化の進んだ過去によって一人暮らしのお年寄りは増え、孤立した生活を送る人々は若い年代層にも広がってきています。そんな中で孤立した人々に声をかけ、話を聞き、人間らしい尊厳を与えてくださるでんでん虫の会の活動には頭の下がる思いでいつも感謝しています。

人間の関係は、元来個人対個人で築くもので、行政の手は届きにくいところにあります。会の皆さんには大変でしょうが今後も是非活動を続けていただきたく応援いたします。

一生懸命に生きている社会から忘れがちになった人々に光を与え続けてください。

松野文彦さん(特定医療法人萬生会 常務理事 )

当院において、今までは漠然とした不安はありながらも、全く身寄りのない方の最期まで看取る経験がないまま、緩和ケアを行って参りました。最近2例続けて身寄りのない方の最期を看取らせていただき、でんでん虫の会さんに大変お世話になりました。こんな組織があってほしいと思ってはいたものの、全く存じ上げずに不明を恥じております。2例とも身寄りがない上に経済的にも困窮され、かと言って生活保護でもなく、途方に暮れていたところ、入院当初から、入院時カンファレンスにも参加され、看取りのときにも駆けつけていただき、さらには葬儀社さんの手配まで行っていただきました。本当に頭の下がる思いです。

今後ますます身寄りのない方の看取りは増える一方だと思われます。でんでん虫の会さんが益々ご活躍されることを願ってやみません。当法人も陰ながら応援させていただきたく存じます。

寄付金の使い途

  • 訪問支援の際の車両利用代

  • オンライン相談の際の通信費

  • 食糧・電化製品など支援物資の購入費

  • 緊急時に一時的な生活費貸付のための費用

御礼・報告・特典

  • 御礼メールのお送り

  • メールマガジンで活動の様子をお伝えします







応援メッセージ

非公開
非公開
応援しています!
非公開
非公開
応援しています!
藤澤 智晴
藤澤 智晴
応援しています!
NPO法人 でんでん虫の会
団体名

NPO法人 でんでん虫の会

障がい・介護支援 / 防災・被災地支援 / 保健・医療増進
NPO 法人でんでん虫の会は、「ひとりじゃないよ」を合言葉に、ひとり暮らしをされてい る“社会的弱者”と言われる元野宿者、高齢者、障がい者、DV 被害者などへの安否確認や 相談活動を通じて孤立を防ぎ、社会参加や相互交流の機会をつくりながら、人と人とのつな がりや絆を深め、安心して暮らすことのできる地域づくりに寄与することを目的として活動しています。