バースデードネーション&230kmサハラマラソンへの挑戦!みなさんの声援を子どものための活動の寄付に!

寄付先:
認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
9月30日で29歳となりました! そして、20代最後の年に、7日間をかけて砂漠を約230km走る「サハラマラソン」に挑戦することを決めました! 広瀬の誕生日祝い、マラソン挑戦の応援をしてくださる方、ぜひバースデードネーションにご協力ください。 いただいたお金は全額、認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンへ寄付します。 (このご寄付・募金は「特定寄付金」として「寄付金控除」の対象となります。)
広瀬太智
119,086円
/目標:150,000円
119%
100%
¥119,086
現在の支援金額
19人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / 銀行振込 / Amazon Pay
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

29歳になりました!

気づけば20代ラストイヤーとなりました。

私の勤める認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(https://ftcj.org/)には「Gift+Issue=Change」(ギフト+イシュー=チェンジ)という活動のモットーがあります。

好きなことを活かして、身近なところから社会問題へのアクションを起こそう!という考え方です。

私は日々社会問題に対してアクションを起こそうとする子どもたちと関わる中で、「自分ももっとこの考えを体現していきたい!」と思い、バースデードネーションに挑戦することに決めました。

※ 寄付金は決済にかかる手数料と利用料を除いた全額が団体へ寄付されます。

.

.

.

■ サハラマラソンへの挑戦

サハラマラソンとは、モロッコのサハラ砂漠で、7日間自らの食料や荷物を背負って約230kmを走るウルトラマラソンです。

(参考)

・公式HP:https://www.marathondessables.com/en

・国境なきランナーズHP:http://runners-wb.org/race/race01.htm

挑戦のきっかけは…私の叔父さん!

(写真はいつだったかのお正月)

といっても、祖母の弟に当たる、御歳80歳の大叔父。

ものすごい鉄人で、50歳〜60歳の間に10回連続サハラマラソン完走。

その後、70歳、75歳の時にも無事完走し、計12回の完走経験を持っています。

ちょうど10年前、大晦日に実家に叔父さんが遊びに来た時、このサハラマラソンの話を聞き、「いつか行きたい!」と思っていました。

そして今回、80歳という節目を迎えた叔父さんが「またサハラにいく!」というのです!

叔父さんとサハラを走れるなんて!これは行くしかない!!

すぐに職場にも相談し、了承をいただきました。

2週間近くもお休みをいただかなければならないのに、快諾してくださった上司には感謝しかないです。

本番は2022年3月25日〜4月4日。

8月末から本格的にトレーニングを始め、今は毎日走っています。

焦らず少しずつ、日々練習あるのみ!

.

.

.

■ フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)との出会い

2020年に職員として入職しましたが、その出会いは運命的なものでした。

【ざっと経歴】

・大学2年生にパラグアイ研究者の教授に出会い、国際協力の道に目覚める

・留年して、教員免許を取る

・大学卒業後、青年海外協力隊でグアテマラに派遣、小学校の算数教育に携わる

・帰国後、公立小学校で教員として働く

こんな経歴を経て、「国際協力×教育」の経験をもっと積みたいと考え、転職を決意しました。

転職活動真っ只中の2020年1月、友人が協力隊として出国する前の送別会に参加しました。

そこで隣に座ったのがFTCJの職員の方だったのです!

「世界は変えられる、そう子どもが信じられる社会に」というFTCJの理念が心に響きました。

初めは、転職先としてではなく、「クラスの子どもたちにもFTCJの活動に参加させたいな」という思いで、色々と調べていました。

すると3月のある日、「FTCJで求人募集がある」という情報を目にし、「ここなら自分の経験を活かし、更なる挑戦もできるかもしれない!」と思い、即応募しました。

実際に働いてみた結果、自分の予想は当たっていました。

この1年半、様々な業務に関わらせていただき、たくさんの経験を積ませていただいています。

現在は、主に、国内の子ども若者たちが「世界は変えられる」と信じ、アクションを起こすチェンジメーカーとなるよう啓発・研修などを行う業務に携わっています。

具体的には、

・全国の小学校〜大学への出前授業やワークショップの実施

・学校向けのチェンジメーカー教育の教材開発

・子どもたちによる政策提言のサポート

・社会問題について話し合うオンラインイベントの企画・運営

などに関わっています。

☆その他の活動など、詳しくはHPにて→https://ftcj.org/about-us

子どもと関われば関わるほど、彼らの可能性は無限大だと痛感します。

だからこそ、その可能性が摘まれてしまうような環境があってはならないと私は思います。

これからも日々学び、子どもたちが自分の可能性を十分に発揮できる社会になるよう尽力していきたいです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


■ 寄付金の使い道

いただいた寄付は手数料を除いた全額がFTCJに寄付され、国内外で実施しているさまざまな事業の中で、最も必要とされているプロジェクトを優先し、大切に活用させていただきます。

☆FTCJは「認定NPO法人」です。団体へのご寄付・募金は「特定寄付金」として「寄付金控除」の対象となります。

☆継続的に寄付してくださる方は「毎月」をお選びください。

応援メッセージ

非公開
非公開
応援してます!
広瀬太智
作成者
広瀬太智
優太郎、咲さん、なかむーさん、みなさん、応援ありがとうございます! 今後も変わらず突っ走っていきます!
仲村 佳奈子
仲村 佳奈子
誕生日おめでとう!マラソン頑張ってね!お仕事も応援しているよー。心ばかりですが受け取ってください!
認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
団体名

認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

人権保護 / 国際協力 / 子どもの教育
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは1995年に当時12歳のカナダのクレイグ少年によって貧困や搾取から子どもを解放することを目的に設立された「Free The Children」を母体に1999年から日本で活動を始めたNPOです。開発途上国での国際協力活動と並行して、日本の子どもや若者が国内外の問題に取組み、変化を起こ​す活動家になるようエンパワーしています。現在、1,000人近い日本の子どもや大学生など若者がメンバーとなって活動しています。​