コロナ禍でも子どもたちの夢やチャレンジを止めないで「くまもと次世代応援基金」キャンペーン!

寄付先:
一般財団法人 くまもと未来創造基金
中高生 未来へはばたけ! 人格形成の大事な時期だからこそ経済的理由で夢をあきらめることなく、未来や世界に向かってチャレンジしてほしい! 未来を担う中高生が「みんなが応援してくれる」と思える社会を実現するために「くまもと次世代応援応援基金」を立ち上げ、応援キャンペーンを行うことにしました。 コロナ感染で大変な時ですが、子どもたちの1年は大事な1年 コロナで大事な夢やチャレンジ、学びをあきらめてほしくない! こんな時期だからこそ明るい未来へチャレンジする子どもたちの夢を皆さんと応援したいのです!(実施に当たってはコロナ感染の状況を見て相談しながら判断いたします)
一般財団法人くまもと未来創造基金
15,000円
/目標:1,000,000円
1%
¥15,000
現在の支援金額
2人
支援者数
24日
残り

“夢をあきらめないで、未来へはばたけ中高生”

今、日本・世界はコロナウイルス感染で大変な時ですが、少し希望も見えてきました。子どもたちは未来の宝ですが、様々な社会課題の中で生きづらさを感じている子どもたちも多くいます。

今回財団が皆様に応援をお願いするのは「子どもたちの夢をできるだけ多くの人で支え、応援する社会でありたい」「子どもたちがみんなが自分を応援してくれると思える社会を実現したいからです」

《留学体験者からのメッセージ》

くまもと次世代応援基金】とは~

くまもと未来創造基金は、5年目の節目を迎え、以下の2つを柱に、熊本の未来を担う子どもたちの夢やチャレンジを応援する「次世代育成事業の充実」を図っていくために「くまもと次世代応援基金」を始めます!

①Appleseed奨学金

 高校生留学プログラム参加費用相当額(生活費含む)奨学金を返済義務のない給付型で支援します。県内の高校生が広く海外に視野を向け、グローバルに活躍し、社会の発展に寄与することを目的としています。

 熊本と40年の長きに渡り友好的な姉妹交流を行っている米国モンタナ州の高校が奨学生を受け入れています。

 協力団体:モンタナ州政府駐日代表事務所

      公益社団法人日本国際生活体験協会(EIL)

 *成績優秀で経済的困難な高校生を優先します。

 *応募対象は中学3年生以上です。

《これまでの実績》

 2018年―2名 2019年ー1名、2020年ー1名

おかげさまで、これまで個人の方にご支援いただき、4名の高校生に奨学金を給付することができました。

*民間による、高校生海外留学給付型奨学金は全国的に珍しいことです。

●熊本県「熊本・モンタナ留学プログラム参加者も当奨学生がいます。

*熊本・モンタナ留学プログラム

 高校3年次にモンタナ州ミズーラ市の公立高校へ交換留学を行い、留学中に英語力が満たされていれば州立モンタナ大学の講義を受講できるプログラムです。
 約10ヶ月間の滞在期間中、現地ファミリー宅にホームステイをしながら、高校へ通学し、大学の講義を受講することができます。本プログラム参加中に取得した州立モンタナ大学の単位は、州立モンタナ大学卒業資格単位として認められます。

【対象】高校2年生
【募集時期】6月頃
【出発時期】高校3年生の8月頃

(熊本県英語教育推進室 HP:https://www.pref.kumamoto.jp/site/eepro/92783.html)

ー留学生活の様子ー

②熊本の未来を担う人材育成事業 

  • 社会貢献教育

  • お金の教室

  • 投資教育

  • 起業スクール 等

    ★10月以降に中高校生向け「未来を自分たちで作る教室」開催予定


~皆様からのご寄付が、子どもたちの未来を支えます。~

「誰ひとり取り残さない社会」SDGsの推進や年々被害が起きている気候変動問題・顕著化する社会課題解決に向けて、熊本の未来を担う子どもたちが、学生時代に世界的な視野を持つことは、非常に重要です。ご無理のない範囲で構いませんので、どうかご寄付をお願いいたします。

【子どもの未来を応援するキャンペーン】

全体目標金額 200万円

〈内訳〉①Appleseed奨学金…海外留学ひとりあたり170万円が必要です(一人の給付型奨学金約160万円、その他手数料・事務費10万円)

②次世代育成事業…30万円

▶クレジットカード決済で

3,000円から寄付できます。「今回のみ」「毎月」が選べます。

▶銀行振込で

熊本銀行 大江白川支店(普通)3075081

肥後銀行 砂取出張所 (普通)109884

ゆうちょ銀行 七一八(普通)3711204

《寄付の流れ》

1.寄付宣言をする(ぜひ応援メッセージもお願いします。留学の際、留学生に皆様のメッセージをまとめて送ります)

口座振込の場合は、お手数ですが、財団HP:おもやい基金「1592チャレンジ」〜想いから始まる寄付集め〜 (https://omoy.jp)にて、応援コメントを記入ください。(ご氏名などご記入いただければ、領収書発行など対応できます。)

2.寄付振り込み

 お手数ですが、銀行、郵便局でお振込みください。

3.宣言、振り込み確認ができたら、公開

4.お礼状や領収書の発行

*ご寄付いただいた皆様は「おもやい(おもいやり)サポーター」として登録させていただきます(任意)近況報告、帰国後報告会のご招待いたします。

*大口寄附の場合は、贈呈式を開催いたします。

《贈呈式の様子》

《感謝状》

*寄付の報告・奨学生の活動報告はウエブページでご覧いただけます。  次世代育成事業(https://omoy.jp/%e6%ac%a1%e4%b8%96%e4%bb%a3%e8%82%b2%e6%88%90%e4%ba%8b%e6%a5%ad/

《一般財団法人くまもと未来創造基金について》

くまもと未来創造基金(おもやい)は、2017年、熊本地震復興支援のために準備会を経て創設されました。これまで①被災者支援・子ども若者・女性支援活動団体のサポート②次世代育成事業(Appleseed奨学金:海外留学給付型奨学金)を行ってきました。

(実施支援状況)

●5年前に起きた熊本地震では、市民自ら立ち上がり支援活動を始めた団体やグループ41団体に活動助成金と団体サポートを行いました。

●2020年新型コロナウイルス感染では、皆様から頂いた寄付金で

  •  医療従事者応援応援プロジェクト

  •  ひとり親家庭応援プロジェクト

  •  子ども世帯応援プロジェクト

  •  熊本豪雨災害「子どもとママ応援」プロジェクトなどを実施進行中です。

●2020年7月に起きた熊本豪雨災害では「BRIDGEKUMAMOTO基金」を立ち上げ、総額20,291,973円(全国海外から約3,400人)のご支援をいただき、8月から12月までに47団体1500万の活動助成を行い、被災地の現状に合った支援活動を継続中です。

●休眠預金活用事業「熊本県新型コロナウイルス感染対応緊急支援助成事業」では、県内7団体①ひとり親家庭・子ども食堂、子どもの居場所づくり②若者・女性の就労支援③障がい者の新しい働き方・就労支援に活動助成・団体サポートを行っています。

応援メッセージ

非公開
非公開
応援しています!
非公開
非公開
未来を担う子どもたちへの応援基金、役立てば幸いです。
一般財団法人 くまもと未来創造基金
団体名

一般財団法人 くまもと未来創造基金

出産・子育て支援 / NPO/NGO支援 / 防災・被災地支援
社会の課題解決に取り組む団体と応援したい人をつなぎ、みんなで支え合う社会をつくる