このキャンペーンは継続寄付になります。
このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

『ほごにゃん応援隊☆』を創り皆様と共に1匹でも多くの命を救いたい! 猫に医療を届けるマンスリーサポーター募集!

寄付先:
NPO法人 おおさかねこ俱楽部
猫の遺棄を無くし、野良猫のいない、命を大切にする社会を実現するために、毎月ワインコインから猫の医療費やTNR費用をご支援してくださるマンスリーサポーターを募集いたします。 どうか皆様の暖かいご支援をお願いいたします。 ストレッチゴール100人の「ほごにゃん応援隊☆」に挑戦中!引き続き応援よろしくお願いします!
NPO法人 おおさかねこ俱楽部
78人
/目標:100人
156%
140%
100%
78人
現在の支援者数
¥87,507
支援金額
終了
残り
継続寄付する
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

5月10日から始まりました「ほごにゃん応援隊⭐️50人募集」キャンペーン、いよいよ本日23:59までとなりました。

本日6/13(日)18時~22時までトレンド目指して、最後の拡散祭りを行います!

この活動報告の記事をSNSにて紹介いただく際に #ほごにゃん応援隊 を付けて、Twitter、Instagram、Facebook、LINE等各種SNSでの拡散をお願い致します!

本日でキャンペーンは終了しますが、ほごにゃん応援隊⭐️募集はこれからも続きます。

これからも「ほごにゃん応援隊⭐️」とおおさかねこ倶楽部の応援をよろしくお願い致します。

もっと医療を充実させたい、1匹でも多くの命を救いたいと、始めた「ほごにゃん応援隊⭐️」。

こんなにも多くの方々が保護猫に関心を寄せてくださっていることに、ボランティア一同嬉しく心強く思っています。

ほごにゃん応援隊⭐️にご参加下さる方々始め、ご寄付や支援物資を送ってくださる皆様、協力動物病院の先生やスタッフの皆様、拡散広報のお手伝いをしてくださる皆様、そしてボランティアのみんな、多くの方々の善意に支えられて活動していることを、改めて感じた1ヶ月でした。

不幸な野良猫がいなくなり、全ての猫が安心してお家で幸せに暮らせるその日まで、私たちは走り続けます。

いつか私たちが必要なくなる、そんな日が来ることを夢見て。

おおさかねこ倶楽部

twitter
facebook

保護猫は、過酷な環境からの保護がほとんどで、病気や怪我をしていることが多々あります。

捨てられた子猫は、母猫からの免疫も無くなり、大抵猫風邪をひいています。

↑段ボールに入れられて遺棄されていた子猫↑

↑捨てられ子猫だけで過ごしていた子たち↑

交通事故などにあって緊急保護した場合、すぐに手術になります。

治療後健康を取り戻して、ずっとのお家で幸せに暮らす子がたくさんいます。

預かりボランティアさんのところのにいる子を含め、常時150匹前後の猫がいますので、毎週の通院は欠かせません。

気になる症状の子は、獣医師に写真を見て貰って、相談します。

子猫の保護依頼や保護が続く中、譲渡が追いついていない状況が続いています。

譲渡会以外にも、常時新たなご家族様をシェルターにいる猫たちはお待ちなので、ぜひ「この子は・・・!」と思う子がいましたら、ご連絡くださいませ。

一部ですが、シェルターにいる可愛い猫たちを紹介致します。

↑三毛猫、子猫のももえちゃん↑

↑長毛ロビンちゃん↑

↑人が大好きマリオくん↑

↑小柄で若干人見知りな姫ちゃん↑

↑三毛子猫のパンジーちゃん↑

紹介した猫たち以外にもたくさんいますので、ぜひおおさかねこ倶楽部の里親様募集ページもご覧いただければ幸いです。

↓現在募集中の猫たち↓

http://www.osakanekoclub.com/satooya.html

おおさかねこ倶楽部

twitter
facebook

けいすけ君は人懐こく可愛い子猫でした。

↑黒猫で人懐っこいけいすけ君↑

シェルターに入所して2ヶ月ほどたったある日、なんだかお腹がプックリして食欲もありません。

嫌な予感がして、動物病院へ連れて行きました。

診断はFIPの疑いが濃厚とのこと。

残念ながらおおさかねこ倶楽部の資金には限りがあり、高い治療薬は使えません。

日本で認証されたFIPの治療薬はなく、海外から薬を取り寄せた場合に治療を行うと100万円前後の資金が必要になります。

本来であれば、徹底した治療をしてあげたいのが本音です。

そこで獣医師と相談し、アトピカ等のFIPに有効とされる薬を使うことに。

それでも、あれから1年半、けいすけ君は元気に過ごし、ボランティアさんと元気よく遊んだり無事過ごすことができています。

↑甘えん坊なけいすけ君↑

まだまだお薬は欠かせないけれど、寛解する日が必ずやってくると私達は信じています。

様々な持病を抱えた猫たちを保護することは資金の問題も多くあり、私達の悩みの種でもあります。

しかし、今回のマンスリーサポーターは金額を設定しているわけではなく、私達と共に走ってくださる方、人たちを多く募っています。

もちろん資金は必要です。

ただ、私達の活動が多くの人と共に支えられているという気持ちが、更に私達を動かす原動力となり、今では100名を目指しています。

下記は現在のけいすけ君のYou Tubeです。ぜひ元気なけいすけ君をご覧いただければ幸いです。

↓You Tube↓

 

おおさかねこ倶楽部

twitter
facebook

....

応援メッセージ

フジイ
団体
フジイ
皆様、応援ありがとうございます(=^ェ^=) 多くの皆様のほごにゃん応援隊⭐️へのご支援、応援メッセージ心強く感じています。 こんなに多くの方が保護猫に関心を寄せてくださって、感激です。
泉谷 弘之
泉谷 弘之
応援しています! 頑張ってください。 微力ながら応援いたします。
非公開
非公開
応援しています!
¥500
・お礼メッセージ ・『ほごにゃん応援隊☆』限定メールマガジン 月1回 皆様のご寄付で救われた猫たちの様子をお届けします
¥1,000
・お礼メッセージ ・『ほごにゃん応援隊☆』限定メールマガジン 月1回 皆様のご寄付で救われた猫たちの様子をお届けします
¥2,000
・お礼メッセージ ・『ほごにゃん応援隊☆』限定メールマガジン 月1回 皆様のご寄付で救われた猫たちの様子をお届けします
¥3,000
・お礼メッセージ ・『ほごにゃん応援隊☆』限定メールマガジン 月1回 皆様のご寄付で救われた猫たちの様子をお届けします
¥5,000
・お礼メッセージ ・『ほごにゃん応援隊☆』限定メールマガジン 月1回 皆様のご寄付で救われた猫たちの様子をお届けします
¥10,000
・お礼メッセージ ・『ほごにゃん応援隊☆』限定メールマガジン 月1回 皆様のご寄付で救われた猫たちの様子をお届けします
NPO法人 おおさかねこ俱楽部
団体名

NPO法人 おおさかねこ俱楽部

動物保護 / 観光・まちづくり支援 / 自然・環境保全
野良猫のいない街づくりを目指しています。過酷な環境で生きてる野良猫を保護し、不妊手術やウイルス検査 ワクチン接種して、里親探しをしています。どの子も暖かいお家で家族と幸せに暮らせるような、そんな社会を目指しています。