しずおか すべてが僕らの遊び場!バスを利用して 現状の課題解決とこども達の自然の中での毎日をもっと充実させたい!

寄付先:
NPO法人 ゆたかの木
【しずおか森のようちえん 野外保育ゆたか】 静岡市で自然とふれあう保育を行う開園7年目の森のようちえんです。バスを使って、現在の活動の課題解決をし、自然豊かな静岡をまるごとフィールドにして、さらに地域とのつながりを広げたい!静岡の自然の魅力をこども達と一緒に伝えていく活動への支援を募集します。 ■内容:1口5,000円からの単発寄付 ■申し込み期間:4月12日(月)〜5月12日(水) ■目標:110万円(4/28達成いたしました!)  ◇セカンドゴール170万円に挑戦中!◇ ■ご寄付いただいた方には、後日こども達の様子をお伝えする会報誌をお送りいたします。
京井麻由
1,873,538円
/目標:1,700,000円
170%
100%
¥1,873,538
現在の支援金額
194人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / 銀行振込
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

こんにちは。
この度はクラウドファンディングキャンペーンにご協力いただき本当にありがとうございました。
今回のクラウドファンディングは
本日が最終日。ご寄付の受付は23時59分までとなります。

178万円ものご寄付が集まっていることはもちろんですが、

184人もの方々が小さな小さな森のようちえんの活動にご賛同、応援いただいていることに本当に感激しています。

実際にクラウドファンディングをやってみて強く感じたのは、

「目には見えなかった多くの方々に見守られて、

私たちはこども達を育んでいたのだ」

ということです。

今回のキャンペーンの目的は、バス運用のための資金集めではあったのですが、

この200人近くの応援団の方々のお名前の一覧を目にすることができたことは

このキャンペーンでの大きな大きなプレゼントです。

 

残り時間7時間となりました。

目標達成はしておりますが、今回のクラウドファンディングで全ての課題が解決されたわけではありません。
補助金をもらえない形での森のようちえんの運営は、決して余裕のあるものではありません。

最後のお願いです。

これからも1人でも多くのこども達が、

命を輝かせて自然の中で過ごせる場所を提供し続けていくために

どうぞもう少し、野外保育ゆたかにお力添えをお願いいたします!

twitter
facebook

野外保育ゆたかのこども達は、今日もお山へお散歩に行きました。
静岡の山は、もともと茶畑だった場所も多く残っており、
お茶の木が野生化して、大きく育っている姿によく出会います。
いつものハイキングコースの通路脇のお茶の木も、伸び放題。
この季節の新しい葉っぱは、本当に鮮やかな黄緑色で、
昨年の濃い緑の葉と容易に見分けがつきます。
「これで、本当にお茶作ってみようよ」と声をかけると

 
「おちゃ!!やりたいやりたい!」

 
と、数人の子が一生懸命柔らかい葉っぱを摘みました。

ゆたかの畑に戻って、お鍋で蒸すと、
段々お茶の香りがしてきます。

 
「うわあー、おちゃのにおいだ!」

「ほんとうのおちゃだね!」
 

蒸した葉を、もみもみすると、もっと匂いがたってきて

「すっごいいいにおいしてきたよ!」

 

熱いお湯に入れてしばらくおくと、綺麗な薄緑のお茶の完成!

「ほんとにおちゃだ!!」

「おいしい!!」

「のみたい!」と何人もの子が味見をしにきました。

   

「お茶」をイメージしながら茶摘みで、ワクワク💕

「匂い」をかいで、ウキウキ💕

「飲んでみて」、ハッピー💕

 

何かものすごく特別というわけではないのですが、

季節の恵みをいただくささやかな幸せ。

その過程で、たっくさん動く心。

自然の中で過ごすこども達の毎日は、

こんな体験で溢れています。

 

海も山も近くにある、豊かな静岡の自然を子育てにフル活用したい!

そして、ゆたかの子達のように、自然の中で心おどる毎日を

もっともっと多くのこども達に送ってほしい!

ゆたかの取り組みを発信することが、静岡の自然を活用した保育をする場をもっともっと増やすことにつながるといいなと思っています。

  

************
今年初めに静岡県内で、自然を活用した保育に取り組む園の代表者が集まって、意見交換する会に参加させていただきました。
以下でその様子がご覧いただけます。
https://greenbank.or.jp/shizenhoiku

twitter
facebook


本日はクラウドファンディングキャンペーン最後のライブ配信を行いました。

ゆたかのスタッフ達からの、目標達成へのお礼メッセージと、
バスでどこいこう?の相談の様子をリアルタイム配信でやってみました。

いろんなアイデアが出て、
バスにラッピングする話まで出て、
スタッフがワクワク楽しんでいる30分となっています。

以下にこのライブ配信のアーカイブを残してあります。

一緒にワクワクしていただけると幸いです。

   
野外保育ゆたかには「ゆたかのうた」というオリジナルの歌があります。
ゆたかのこども達、スタッフ、保護者のみんなで作った歌です。
この歌の歌い出しはこのように始まります。


♪さあ うたおうよ ゆたかのみんな あつまれ

 さあ はじまるよ きのぼりたんけん どこいこう♪


そして、歌は最後こんな言葉で終わります。


♪さあ あるこうよ ゆたかのみんな どこいこう♪


バスがやってきて、こども達と「どこいこう?」の相談が楽しみです💕

   
(「ゆたかのうた」は、月一回の「FMしみずマリンパル」のラジオ出演の最後にも流れます。聞いてみたいという方は毎月第1火曜の12時30分、76.3MHzマリンパルにチューニングしてみてくださいね。https://mrn-pal.com/program/marinepal-hotline/

twitter
facebook

....

応援メッセージ

非公開
非公開
いつもありがとうございます!
非公開
非公開
未来の子供達のために頑張って下さい
非公開
非公開
良き空気の流れている場所。応援しています!
NPO法人 ゆたかの木
団体名

NPO法人 ゆたかの木

子どもの教育 / 出産・子育て支援 / 自然・環境保全
2015年開園。主に静岡市の日本平北麓の自然環境の中で過ごす保育活動。(森のようちえんとも呼ばれています)通常保育の時間は月曜から金曜の9時から14時半。3歳から5歳までの約25名の子ども達が数名の保育スタッフとともに野山で活動しています。 緩やかに季節の移り変わりが感じられる里山で、日々の暮らしを共に作っていく仲間として、子どもも大人もお互いに尊重しあう関係性を大切にしながら生活しています。