【大分県日田市】天ヶ瀬温泉 豪雨災害支援のお願い

寄付先:
任意団体 天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト
あまみら(天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト)
1,942,071円
/目標:3,000,000円
64%
¥1,942,071
現在の支援金額
237人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
※このキャンペーンは終了しました。

毎日希望を見つけています。

2020年7月7日



大分県日田市の山あいに佇む1300年の歴史を誇る天ヶ瀬温泉は、新型コロナウイルスの影響による休業を余儀なくされていたところ、ようやくの自粛明けで「今から」というところで、観測史上最大の降雨量となった7月豪雨の激流にのみこまれてしまいました。

2020年7月7日、九州を襲った豪雨により、私たちが活動する天ヶ瀬温泉街は壊滅的な被害を受けました。
温泉街の中央を流れる玖珠川の氾濫により、14軒あった旅館のうち、8軒が豪雨被害に遭い、1階部分の浸水や、温泉が流れる配管の流失、泉源や露天風呂への土砂被害など、数えきれない被害があり、日々復旧作業が行われています。

さらに天ヶ瀬温泉街を彩っていた赤い吊り橋や、水色の鉄橋まで破壊されたことで、たくさんの人に親しまれていた温泉街の風景も一変してしまいました。

そんな天ヶ瀬温泉街では現在、懸命な復旧作業が行われています。

幸い、メディア等にも大きく取り上げていただけたことで、地元自治体や災害復興NPOをはじめ、たくさんのボランティアの方々にも尽力いただきながら、泥出し作業や廃材の片付けなど、少しずつですが復旧が進みつつあります。

しかし、泥が片づいても、今回の豪雨では、露天風呂や泉源が土砂に埋まり、温泉ポンプも破損するなど、天ヶ瀬温泉街の命ともいえる温泉に甚大な被害が出ているため、再建には莫大な費用が必要になります。


たくさんの人と手を取り合い、

過去最大の困難を乗り越える。


このような状況だからこそ、必要なのは「希望」だと思い、温泉街のメンバーとともに、この「天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト」という有志チームを立ち上げました。

チームのなかにも、経営する宿や店を流されるなど、辛い気持ちを抱えるメンバーがいて、天ヶ瀬温泉街のように今回の7月豪雨で被害をうけた近隣地域にも、前を向けない人がたくさんいると思います。

だけど、これだけ壊滅的な被害をうけた天ヶ瀬温泉街を、以前のように人々を癒せる温泉街に生まれ変わらせることができれば、未来への大きな希望になると考えました。


見つけた希望を紡ぎ、その先へ。


同じ釜の飯は心の支えに。
「被災された住民さんへの炊き出し」を実施します。

天ヶ瀬温泉街の周辺地域の被災した住民に向けて、天ヶ瀬公民館が行なっていた「炊き出し」(昼夜の2回、毎食150食を提供されていました)が7月19日で終了となったため、7月20日以降の炊き出し活動を天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクトが担います。

被災された住宅には、未だ家庭での調理が難しく、道路の寸断などで買い物にも満足に出掛けられない家庭も多くあります。

<寄付のお振り込みについて>ーーーーーーーーーーーーーーーーー

クレジットカードをご利用の方は、「寄付する」ボタンをご利用ください。

大変申し訳ございませんが、利用できるのはMasterCard とVISAのみになります。また「毎月」か「1回切り」かのボタンを忘れずに選択ください!

銀行振り込みもご利用できます。その際はお手数ですが、下記の口座に振り込みお願いいたします。

《振り込み先》

天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト 代表 近藤真平

日田信用金庫 本店 

普通 0308588

アマガセオンセンミライソウゾウプロジェクト

また、お振込をされた場合は、今後の活動報告などもお送りしたいので、お手数ですが、下記のお申し込みフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。

(お申込みフォームはこちら:https://forms.gle/mLGBySPGaykVf5xq6
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

売り上げで天ヶ瀬温泉街の復興を後押しする
「天ヶ瀬温泉応援グッズ」の企画制作

天ヶ瀬温泉街の復興には莫大な費用がかかることから、その費用を少しでも補填できるよう、天ヶ瀬温泉を楽しみながら応援できるグッズや、復旧した際に足を運びたくなるような応援グッズを企画販売いたします。ぜひ、ご購入ください。

(BASEの商品購入ページはこちら:https://amamira.thebase.in/


「希望を見つけにいく温泉街」の魅力化実施


元々、天ヶ瀬温泉は炭鉱で働く人々が疲れを癒し、明日に向かう希望を養う場所でした。温泉地として1300年前から親しまれてきました。良質な温泉が湧き、心癒す風景があり、笑顔あふれる人がいる天ヶ瀬温泉の力は、1300年たっても変わりません。

今回、天ヶ瀬温泉は豪雨災害に見舞われましたが、天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクトでは、この復興を機に「被災した温泉街」ではなく、「希望を見つけにいく温泉街」として地域全体を再興できような企画を考え、実行していきたいと思います。

天ヶ瀬温泉街で事業を営んできたチームのメンバーも、日々、たくさんのボランティアとともに被災地で復旧活動を行なっています。

被害の甚大さに、どうすればいいのか途方にくれることもありますが、そこに垣間見える人の笑顔は、何よりの希望でした。

そんな希望をどうにか育てたい。天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクトの活動に、みなさまのご支援をお願いいたします。

支援金の使い道


7/20〜8/2の炊き出しにかかる費用 
復興イベントや温泉街グッズ作りの企画制作費
天ヶ瀬温泉の風物詩「川湯」の復活整備費用
温泉街魅力化景観整備(統一された暖簾や看板など)
その他、観光促進等の費用 等

具体的な活用方法については、随時、活動報告で皆様にお知らせしていきます。

最後に


最後までお読みいただきありがとうございました。

今はまだ混乱が続いている状況もあり、復興には時間がかかると見込まれますが、天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクトの活動は、ウェブサイトやSNS等を報告していきたいと思いますので、引き続き注目いただけるとありがたいです。

また、ご寄付やグッズ購入資金はもちろん、私たちの存在を誰かに伝えてくれるだけでも、ありがたいです。

一刻も早くご支援いただいた皆さまと、天ヶ瀬温泉街でお会いできる日が来るよう、活動していきます。


応援メッセージ

非公開
非公開
いつか行ってみたいです。 微力ながら応援しています!
非公開
非公開
応援しています!
非公開
非公開
天ヶ瀬の未来を応援しています。
任意団体 天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト
団体名

任意団体 天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト

防災・被災地支援 / 観光・まちづくり支援 / 地域産業振興
令和2年7月の九州豪雨で、大分県日田市の温泉街「天ヶ瀬温泉」は14箇所の旅館のうち、8箇所が被災しました。 川沿いの露天風呂にも土砂が溜まり、ポンプが壊れ、温泉街の中心に位置し、温泉街の真ん中を流れる玖珠川の真上を通っていた吊り橋も壊れてしまいました。 しかし、私たちは天ヶ瀬温泉を「被災した温泉街」にせず、まずは、被災地の1日でも早い復旧復興。 そして新たな天ヶ瀬温泉となるようなブランディング・観光振興事業を実施するため立ち上がりました。