コロナ禍後も誰一人教育から取り残さないために~バングラデシュのノンフォーマル小学校と職業訓練校を支援するマンスリーサポーターを大募集!

寄付先:
認定NPO法人 アジアキリスト教教育基金
エイセフは30年間バングラデシュのパートナーNGOと共働して、スラム地区や農村の貧しい家庭の子どもたちも教育が受けられるようにと小学校と職業訓練校を建設し、すべての子どもたちが教育を受けられることを願って支援を続けてきました。  新型コロナウィルス感染拡大により、3月下旬よりバングラデシュの全ての学校が閉鎖され、外出が制限され経済活動が停滞しています。貧しい家庭はさらに困窮化し、子どもでさえ働きにでなければならなくなることが懸念されます。  コロナ禍が終息し、学校が再開できるようになった時、すべての子どもたちが笑顔で教室に戻り、学びを続けることができるように、皆さんの継続的な支援をお願いします。ワンコイン500円で一人の小学生が一か月勉強を続けられます。1000円で一人の若者が一か月間職業訓練コースを受けられます。
認定NPO法人 アジアキリスト教教育基金
43,800円
/目標:50,000円
146%
100%
¥43,800
現在の支援金額
56人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / Amazon Pay
※このキャンペーンは終了しました。

直前のご案内になってしまい、大変恐縮ですが、今ACEFで行っておりますクラウドファンディングの残り9日ラストスパートイベントをいたします。

学生ボランティアを中心に企画運営し、ご質問などにも直接お答えすることができます。ご都合が合いましたら、ぜひお気軽にご参加くださいませ。

以下のURLから直接参加することができます。

Zoomミーティングに参加する

https://us02web.zoom.us/j/89503961184?pwd=dENWU0xUbUlRNTllR2Ercmt3d1ZJdz09

ミーティングID: 895 0396 1184

パスコード: 539463

またこのことをお知り合いの方にお知らせしていただけましたら、幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

twitter
facebook

2020/11/13 18:08

毎月のみなさまからのご支援に心より感謝申し上げます!

みなさまからのご寄付により、かねてより必要とされたトイレの整備は21校、コロナへの対策としての手洗い場の新設は42校(全校)、行うことができました。衛生対策ができて、子どもたちの登校を心待ちにしています。

肝心の学校は再開のめどが立っていませんが、先生が他の職業に移ってしまわないように、毎月の給料をACEFでは送っています。毎年、これから冬の間、クリスマス献金として、教会や学校からの寄付が増える頃ですが、今年は教会でも教会員が集まることがなかなかできず、運営が厳しいということで、ACEFへの寄付も少なくなることが予想されます。今年、ACEFは創立30周年を迎えました。これまでたくさんの方々に支えられて、実にたくさんのバングラデシュの子どもたちのために教育の機会を作ることができました。コロナ禍が長引き、ますます子どもたちの状況は厳しくなっています。どうぞたくさんの方に、このマンスリーサポーターとなっていただき、会ったことのない遠くの子どもたちではありますが、その子どもたちも希望をもって生きていけるようにお支えくださることを願っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

twitter
facebook

この度ACEFは「ノンフォーマル学校を通じたマイクロファイナンス・パイロットプロジェクト」を始めることとなりました!

今回は「そもそもマイクロファイナンスとは何か?」についてご説明します! マイクロファイナンスは「貧困層向けの少額の融資や預金などの金融サービス」のことをいい ます。対象は貧困層の方々で、特に最も貧しい女性に焦点を当てています。実際にバングラデ シュのグラミン銀行では、借り手の97%が女性だと言われています。また、5人1組のグループ ローンとなっており、グループ内で順番に融資を受けられます。前の人が返済しない限り次の 人は融資を受けることができない連帯責任のため、返済率は高くなっています。返済の期間は1年以内と短期で、借りて1か月後から毎週一定額を返済するようになっています。

このマイクロファイナンスという比較的新しい形の金融サービスは私たちACEFが教育支援を 行っているバングラデシュで始まりました。ノーベル経済学賞受賞者であるムハマド・ユヌス氏がマイクロファイナンスは「住民のエンパワーメント」のための有効な手段だとし、グラミン銀行を立ち上げました。

最後に、銀行とマイクロファイナンスとの違いは何なのかと気になられた方もいらっしゃると 思いますのでご説明します。まず理念ですが、先ほども述べた通りマイクロファイナンスは貧困削減に重きをおいています。貧困層の人々がマイクロファイナンスの融資を用いて起業や就 労をすることで、貧困や生活困窮から脱却し自立するのを支援しています。資本としては、銀行は株主からのものが多い一方、マイクロファイナンスは顧客からの預金と他のドナーや金融機関などからの借入、政府出資により成り立っています。融資先はマイクロファイナンスの貧困削減という理念のもと、銀行のように担保や返済能力を有する人ではなく、貧困状態にある 人々、特に女性を対象にしています。さらに、マイクロファイナンスの最大の特徴が融資がグ ループローンであるということです。この仕組みのために返済率は97%にも上っています。

【よくあるご質問Q&A】

Q1: マイクロファイナンスでは融資だけでなく、貯蓄も行われますか?

A1: はい。人々は得た収入を盗まれないために、安全なマイクロファイナンス機関に預け貯金 をします。また、貯金をすることである程度の大きな金額を借りることができるようになりま す。最終的に融資を返済できない場合、貯蓄から返すこともあります。

Q2: グループで借りた場合、前の人が返済しない限り次の人は借りられないのですか?

A2: 借りたお金は1年以内に、返していく仕組みですが、前の人が借りて1か月後から毎週少額ずつ返すことによって次の人がお金を借りられるようになります。

Q3: 借りた融資を返済できずに連帯責任を負い自殺する人もいると聞いたことがあります。リ スクはあるのでしょうか?指導する人はいますか?

A3: 他の銀行では、借金地獄になった事例もあります。しかし、BDPの場合は学校に通う生徒 の保護者・教員を対象としているため、もともと築かれた信頼関係の下、事業を進めていきます。また、貸付をする前に基本的なトレーニングを実施して事業計画を作成し、小グループごとで確認をします。さらにはBDPスタッフで確認し見守っていきます。

Q4: マイクロファイナンスの融資を用いて、女性が小さな事業を始めるということですが具体的にはどういった事業なのでしょうか?

A4: 養鶏が代表的です。バングラデシュでは卵の価値が高い為、雛を飼い育てることで卵を収 穫し商品として売ることができ、それなりの収入となります。若者であれば、パソコンや携帯 の修理作業などを行う場合もあります。

以上がマイクロファイナンスについてのご説明となります。ご理解いただけましたでしょうか。 少しでも皆さまのお役に立てましたら幸いです。 次回はBDPが行うマイクロファイナンスについて詳しくご説明します!お楽しみに!

                     ACEF 学生ボランティア 朝倉凜花

twitter
facebook

....

応援メッセージ

ACEFスタッフ
作成者
ACEFスタッフ
藤田様、応援メッセージをありがとうございます!キャンペーン終了後もマンスリーサポーターのご登録が続いて本当に嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
藤田 麻帆
藤田 麻帆
応援しています!
ACEFスタッフ
作成者
ACEFスタッフ
応援メッセージをありがとうございます!最後の最後まで皆様にお支えいただき、キャンペーンを始めた時に想像ができなかったご支援をいただくことができました。スタッフ一同感謝しております。
認定NPO法人 アジアキリスト教教育基金
団体名

認定NPO法人 アジアキリスト教教育基金

国際協力 / 子どもの教育 / 社会教育推進
ACEF(エイセフ)は1990年以来、バングラデシュに寺子屋(小規模学校)を贈る運動をしています。現在、現地のNGOと協働して6地区で42校の小学校、2つの職業訓練校を支援しています。