さらに災害現場で活躍するために救助犬たちの訓練環境を整えたい!学び場改造プロジェクト!

For

Certified NPO 日本レスキュー協会

認定NPO法人日本レスキュー協会

Total Amount

¥548,958

/ ¥1,000,000

55%

Total Amount

¥548,958

Total Donors

127

Remains

Finished

This campaign has been finished.

【山岳捜索訓練に行ってきました!!】

2022/7/24 08:58

夏場の捜索可能時間や犬の体力を確認する為、山岳捜索訓練を行ってまいりました。

スタッフの体力作り、夏場の捜索可能時間や犬の体力を確認する為、山岳捜索訓練を行ってまいりました。

普段過ごしている伊丹市とはやはり温度が異なり、日陰も多く風があり活動しやすい天候でしたが、こまめな水分補給を行い万全の熱中症対策のもと活動を行いました。

太陽くんの捜索の様子はTikTokにもアップされているので是非ご覧ください!!

Loading...

捜索訓練!

2022/7/11 17:12

6月下旬、建物捜索訓練に行ってきました!!

窓際に隠れていると窓から陸ちゃんがひょっこり!!

無事に見つけてもらいました♪

いつも練習している場所とはまた違う場所での捜索訓練。

全頭とても楽しくお勉強できた1日になりました。

訓練の風景はTikTokにて投稿しています!!

皆様ぜひチェックしてみてくださいね!

日本レスキュー協会 TikTokアカウントはこちら⇩

Loading...

私達の活動は自然災害に翻弄された行方不明者を救助救出する為の初動捜索が主な任務である。犬達と共に“その場”に立ち向かう為には民間人であってもあらゆる想定を考え、準備して行動を起こし、備えなければいけないと感じます。

現在の瓦礫訓練場は先回の改修工事を行った時には最大限の努力を持って改修工事を行ったはずであるが、年月を重ねるとまるで毎年同じ場所で災害が発生しているが如く、災害現場での動き等を一番学んで欲しい犬達が訓練内容を予測出来てしまう事が最大の懸念である。

そこで私達は犬達に災害現場で求められる能力を最大限に生かすことが出来る様に、瓦礫訓練場を定期的にレイアウト変更しなければ、最良の訓練環境を提供しているとは言えません。

2022年に瓦礫訓練場レイアウト変更の計画を行いましたが、予算の関係で見送ることにしました。しかし、私達の思いは犬達に更に新しく学べる環境を提供する事、災害現場で犬達個々のパーソナリティを生かし、最大限の能力を楽しんで伸ばす事に繋がるだろう“この思い”を捨てきれず、皆様のご支援を頂くことでスタッフ一同の思いを成し遂げたいと強く感じています。

どうか認定NPO法人 日本レスキュー協会の災害救助犬と訓練犬、災害救助犬事業スタッフに皆様の温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

こんにちは!

先週に引き続き可愛い楽ちゃんです。

6月25日から27日までの3日間、災害救助犬事業スタッフ3名と、太陽お兄ちゃん、陸お姉ちゃん、カミーノお姉ちゃん、楽の4頭で、日本レスキュー協会佐賀県支部 MORE WANに行ってきました!!

楽ちゃん初佐賀です!

佐賀県支部にいる結道くんと久しぶりの再会。

とーっても楽しかったよ!

この拠点、MORE WANは有事の際、ペットと一緒に避難できる避難所として運営されるんだって!

避難所運営訓練の様子はTikTokやInstagramにアップされているのでチェックしてみてください!

以上、楽ちゃんがお届けしました~

2345678

Certified NPO

日本レスキュー協会

〒6640832

兵庫県伊丹市下河原2-2-13

0727704900

https://www.japan-rescue.com/
Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
  • For portfolios
About Syncable
  • For associate staffs
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)