森 佑一のバースデードネーション!海外にルーツを持つ子ども達のために寄付を集めたい!

寄付先:
NPO法人 青少年自立援助センターYSCグローバル・スクール
森 佑一
23,000円
/目標:35,000円
65%
¥23,000
現在の支援金額
13人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
※このキャンペーンは終了しました。

2月25日で35歳の誕生日を迎えます!

今年は自分の誕生日にバースデードネーション(誕生日寄付)にチャレンジします。

誕生日に自分がお祝いをしてもらうのも良いんですが、せっかく年に一度の誕生日。ただ自分のためだけの日にするのではなく、誰かのためになる日にしたい。そう思ってやってみることにしました。

画面右下の「支援する」ボタンで500円から寄付できるので、支援という形で森の誕生日を祝ってあげようという奇特な方がいらっしゃいましたら、是非気軽な気持ちで寄付をお願いできると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!

※ 寄付金は決済手数料を除いて全額団体に寄付されます。

■ 支援先


今回の支援先は「YSCグローバル・スクール」です!

2010年より福生市を拠点に、海外にルーツを持つ子ども達に日本語指導を始めとした教育支援を続けてきたNPO法人で、毎年100名以上の子ども達を受け入れています。

現在、スタッフとして活動に関わっているのですが、中国やフィリピン、ネパール、ペルーなど様々な国にルーツを持つ子ども達が、日々、日本語の勉強等に励み、クラスで友達と楽しく生き生きと過ごす姿を目にします。

それは何より、このスクールが彼らにとって「安心できる居場所」であるからこそ。

子ども達のことを一番にに考え、時に厳しく、時に親身になって接する先生やスタッフの方々。そして「海外にルーツを持つ」という境遇を同じくするクラスメイトに囲まれた環境。それらが子ども達の学びを後押ししているのだと思います。

現在、全国の公立小学校に在籍する日本語教育が必要な子どもたちは約50,000人。そのうち10,000人以上が学校で何の支援も受けられていない状況にあると言われています。

そういった状況に置かれている子ども達に教育機会を与え、日本で居場所を作れる支援のお手伝いができればと思い、今回の支援先に選びました。

■ 最後に


「Pay It Forward(恩送り)」

個人的に好きな言葉のひとつなんですが、「Pay It Back(恩返し)」の反対の意味を持ちます。人から受けた親切をその相手に返すのではなく、助けを必要としている他の誰かへ送っていく。それは社会全体に良い循環をもたらすと思います。

自分自身、海外ボランティアとして中東で暮らし、今は写真家として海外取材に出かけることもあります。現地の人に嫌な思いをさせられることもありますが、困った時に助けてくれるのも現地の人です。

そして今、自分は日本に住む「現地の人」です。日本で暮らす海外にルーツを持つ人々は年々増えています。その中には日本で差別を受けたり、言葉の壁にぶつかったり、居場所を得られずに苦しい思いをしている人もいます。そんな彼らが安心して暮らせる日本社会になってほしい。

「自分に関係のない人達なのになぜ?」と聞かれることがあります。確かに彼らは自分にとっては関係のない存在です。しかし、関係する関係しないという視点ではなく「もし自分が彼らの立場だったら。」

そんな想像力を持てる人々が増えたら、もっと「Pay It Forward」が広がっていくのではないかと思います。

応援メッセージ

森 佑一
作成者
森 佑一
いきさん どうもありがとうございます!写真を通してではありますが海外ルーツの子ども達のために何かできればと思います。引き続きよろしくお願いします。
森 佑一
作成者
森 佑一
新庄さん どうもありがとうございます!駆け込み寄付とても嬉しいです。これからも地道に頑張ります。
田中 宝紀
田中 宝紀
お誕生日おめでとうございます。 いつもすてきな写真で子どもたちの今を表現してくださり、ありがとうございます! 未来につながる1年になりますように。
NPO法人 青少年自立援助センターYSCグローバル・スクール
団体名

NPO法人 青少年自立援助センターYSCグローバル・スクール

就職・雇用支援 / 子どもの教育
YSCグローバル・スクールはNPO法人青少年自立援助センターが運営する、海外にルーツを持つ子ども・若者のための専門支援事業です。6歳から30代まで、30カ国以上にルーツをもつ子ども・若者のための日本語教育、学習支援、自立就労支援、遠隔地教育支援等を行っています。2010年より活動を開始し、これまでに650名以上に専門家による支援機会を提供してきました。