この先も笑顔がずっと続くことを願って

寄付先

NPO法人 ユースコミュニティー

大学生カルテット

支援総額

3,175円

/ 20,000円

16%

支援総額

3,175円

支援者数

1人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

ユースコミュニティー大学生カルテットです。

都内の様々な大学から、「子どもたちを笑顔にしたい」という想いを持った学生が集まり、小学生クラスの運営を中心に活動しています。

今回「普段の活動で感じている想い・ユースコミュニティーや小学生クラスの魅力を発信したい」「小学生クラスのこれからのために少しでも寄付集めをお手伝いしたい」そんな思いから、サポートファンディングに挑戦することにいたしました。

皆様の温かい応援、何卒よろしくお願いいたします!

ストーリー

中間陽太『10年 20年、その後も続く教室へ』


1. 自己紹介

 中間陽太(なかま ようた)です。普段は都内の大学に通っています。ユースコミュニティとは、高校2年生の時からボランティアスタッフとして関わり、去年の12月よりボランティアリーダー、副教室長として小学生クラスの運営を手伝っております。


2. ユースコミュニティーと関わり始めたきっかけ

 最初は正直、大学の推薦が欲しくて高校から言われてボランティアを探したのがきっかけでした。しかし、ここまで長期的に携わってきているのは、そんな私でもやりたい!楽しい!とやりがいを感じられたのがきっかけで、現在でも続けられる理由です。


3. 子どもたちと関わる上で大切にしていること

 子供と精神的に同じ目線に立つのではなく、あえてその少し上に立つことで、仲の良い近所のお兄ちゃんのような親しみを覚えてもらえるようにしています。また、小学生クラスのみならず、ボランティアスタッフの居場所としても続けたいと思ってもらえるよう努力しております


4. ユースコミュニティーの小学生クラスの魅力や応援ポイント

 小学生クラスは団体として初めての試みとして始まり、教室も生徒と同じように成長、進化させている過程です。そこが魅力であり応援ポイントだと思います。


5. ユースコミュニティーの小学生クラスにこれから期待すること 

 おそらく10年20年、その後も続くであろう教室なので私がいなくなった後でも無くならないこと、そしてご支援くださる皆様、地域から応援してもらえるような教室であることを願っています。


 福山愛理『子どもたちの笑顔が原動力!』


1. 自己紹介

 立正大学3年、文学部の福山愛理です。ユースコミュニティーでは、主に日曜日の小学生クラスに参加しています。大学では教職課程を履修しており、ユースコミュニティーでの生徒やスタッフの皆さんとの活動を通して、子ども達とのコミュニケーションや、勉強内容をわかりやすく伝える事など、日々学びを深めています。


2. ユースコミュニティーと関わり始めたきっかけ

 私自身、子ども達との関わりに強い関心があることと、将来、勉強を教える立場に向き合うという意識を高められること、そして上手な教え方を身に着けたいと思い、こちらのボランティアに応募するきっかけとなりました。


3. 子どもたちと関わる上で大切にしていること

 子ども達の「考え方」を大切にしています。勉強面でも、アクティビティの面でも、なぜそう考えたのか、考えたことをどう活かそうとしているか、など、子ども達の様々な見方・考え方に寄り添い、常に導いていけるスタッフでありたい、と考えています。



4. ユースコミュニティーの小学生クラスの魅力や応援ポイント

 小学生クラスの魅力は、とにかくみんな元気いっぱい!なところです。朝の挨拶から、生徒さんは元気よく声をかけてくれます。そして、応援ポイントは日々の成長を見守ることが出来ることです。今日はこれをやりたい、今日はこんなことができた!の成長を一つずつ見守っていくことができるところが、魅力でもあり、応援できるポイントでもあります。


5. ユースコミュニティーの小学生クラスにこれから期待すること

 小学生クラスでは、子ども一人に対し、スタッフさん一人〜二人という体制で活動していますが、子どもたち同士の交流、コミュニケーションをより深められるアクティビティや活動が増えることに期待しています。


 青山茅弘『多くの子どもたちに第3の居場所を提供したい』


1. 自己紹介

 ユースコミュニティ小学生クラスのボランティアスタッフとして活動しております、大学生の青山茅弘です。


2. ユースコミュニティーと関わり始めたきっかけ

    将来、教職免許を取りたいと考えており、子どもと関わる機会が欲しいと思っていたところ、ボランティアの求人でこの団体のことを見つけたことがきっかけです。


3. 子どもたちと関わる上で大切にしていること

  大人(先生)としてではなく、少し多くのことを経験している人生の先輩として接するよう心がけています。


4. ユースコミュニティーの小学生クラスの魅力や応援ポイント

  子どもたちにとってだけではなく、ボランティアに来ているスタッフにとっても大切な居場所になっている所が1番の魅力だと思います。


5. ユースコミュニティーの小学生クラスにこれから期待すること

 現在、教室に来ている子どもたちにとっての居場所であり続けること、この教室だからこそできることを増やしていくことが出来たらなと思います。また、より多くの居場所が必要な人にこの教室のことを知っていただきたいです。


 松嶋美月『学生の皆さんも、生徒さんと一緒に学び成長しましょう!』


1. 自己紹介

 松嶋美月 青山学院大学1年生

高校1年生の時からユースコミュニティの活動に参加しています。

高校在学時は中学生クラス、現在は小学生クラスにて生徒さんと一緒にお勉強しています。


2. ユースコミュニティーと関わり始めたきっかけ

 私は大学の系属校の高校に通っていたため時間に余裕があり、何かボランティア活動をしたいと考えていたところに、大田区の広報にユースコミュニティのボランティアについての記載があり、応募いたしました。私は小学生の頃あまり勉強が得意ではなかったのですが、中学生になり勉強し知識が増えてゆく面白さを知りました。そのような気持ちを生徒さんとシェアできると思い、このボランティアの参加を志しました。


3. 子どもたちと関わる上で大切にしていること

 沢山会話をすることを心がけています。問題を解くときは、具体的にどの部分が分からないのか会話をしながら探り、よりわかりやすい説明をする様に気をつけています。また、「常識」と言う概念を強要しないよう意識しています。「皆んな出来る」や「皆んなそうしてる」で片付けるのではなく、生徒さんの個性を大事に、常に意見を尊重するようにしています。


4. ユースコミュニティーの小学生クラスの魅力や応援ポイント

 小学生クラスはとっても元気で明るい教室です!生徒さん同士、学校や年齢が違うにも関わらず休み時間に一緒に遊んでいることに、私はここはとても素晴らしい教室だと感じています。生徒さん達にとって、大人やお兄さんお姉さんとも交流ができて、学校とはまた違った学びが得られる場所であると思います。


5. ユースコミュニティーの小学生クラスにこれから期待すること

 学校とは別の心の拠り所になってほしいと思います。年齢や学校の違うクラスメイトや様々なボランティアさんとの交流の中で、安心感が得られる教室でありたいと思います。学校では相談しづらいことも、「ここの教室に行けば話を聞いてもらえる」と思ってもらえる教室になれるよう、ますます精進していきたいです。


大学生カルテットさんがサポートしている寄付キャンペーン

寄付集めをサポートしてみませんか?

サポートファンディングとは、クラウドファンディングの目標達成をサポートするために、自ら寄付キャンペーンを立ち上げて寄付を呼びかけることができる機能です。目標金額を設定して自ら寄付を集めることで今までよりももっと団体の力になることができます。

大きくない金額でもみんなですれば大きなサポートです。ぜひ以下のボタンからサポートファンディングを始めましょう!

NPO法人

ユースコミュニティー

〒1430024

東京都大田区中央8-22-13

0364287123

https://www.youthcommunity.net/

代表:濱住邦彦

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved