新教材『服・ファッション』を発行してファッションをもっと豊かにサステナブルにしたい!

寄付先:
認定NPO法人 開発教育協会(DEAR)
DEARでは、2022年2月の発行を目標に新しいワークショップ教材『服・ファッション』(仮)を作成しています。制作・発行にはおよそ120万円の費用が必要ですが、その一部(目標:100万円)のご寄付を募集します。募集期間は2021年10月18日(月)~12月15日(水)です。 衣食住は暮らしの根幹。開発教育の視点から、誰にとってもかかわりのある服とファッションをめぐる問題を理解し、日々の生活から変化を起こすきっかけになるようなワークショップ教材を世に出したいと思っています。 応援、よろしくお願いします!
DEARなひと
692,828円
/目標:1,000,000円
69%
¥692,828
現在の支援金額
124人
支援者数
14日
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / 銀行振込 / Amazon Pay
line
twitter
facebook
share

ご寄付の手続き終了後、以下リンクよりリターンについてのご返信をお願いします。
https://ws.formzu.net/dist/S38465289/

今回のワークショップ教材は、参加型学習や開発教育を実施する初心者にも使いやすいよう、シンプルで実践しやすい開発教育のアクティビティを5点収録する予定です。

対象は小学校高学年以上です。全国各地の学校や社会教育の場、NPO/NGOによる学習会などで活用してほしいと考えています。先生・ファシリテーター用の手引きですから、1冊あれば、学校の授業や地域の学習会やワークショップなどで活用できます。

教材はこちらの9人のチームで作成しています!

磯野昌子(逗子フェアトレードタウンの会)、鈴木啓美(ピープルツリー)、土戸友理香(大学生)、西原直枝(聖心女子大学)、松下直樹(中高教員)、谷田なつ美(小学校教員)、吉崎亜由美(中高教員)、岩岡由季子、八木亜紀子(DEAR事務局)

服の原材料の生産・製造の過程では、農薬や化学薬品により水質や土壌が汚染され、大量の温室効果ガスが排出されています。また、重大な労働問題・人権侵害も起こっています。

(参考:映画『ザ・トゥルー・コスト』予告編)

ファストファッションの普及は服の大量生産・消費・廃棄を加速させ、これらの問題を深刻化させています。新しい服を次々と買わなくても、豊かにファッションを楽しめるはず!

  1. 服とわたし(部屋の四隅) 

  2. 調べてみよう!わたしの服

  3. 服クイズ

  4. 服の一生・サプライチェーン

  5. ファッション・アクション

ファッション産業においても、持続可能性への取り組みがすすんでいます。学習者にはぜひ、市民として、消費者として、ファッション産業へ声を届けると共に、倫理的で持続可能性に配慮したブランドやメーカーを選択することで応援してほしいと思います。

「これまで通り」でない方法でファッションを楽しむことは、持続可能な未来をつくる前向きなチャレンジなのです。

教材の制作にはおよそ120万円の費用が必要ですが、今回はその一部の100万円を募集します。

  • レイアウト費 40万円

  • 印刷費(1,000部) 25万円

  • 協力者謝金など 15万円

  • 資料購入費 5万円

  • 人件費 35万円

教材の概要(予定)

・対象者:小学校高学年以上
・体裁:A4縦44頁程度
・発行:2022年2月(予定)

人気の教材シリーズ『世界とのつながり』(2017)、『難民』(2019)、『気候変動』(2020)、『プラスチックごみ』(2021)に続く、シリーズ第5弾として発行し、全国各地の学校や社会教育の場、NPO/NGOによる学習会などで活用してほしいと考えています。

  1. ページ右側の寄付金額ボタンを選んでクリックしてください。

  2. 決済完了のメールが届きます。教材へのお名前掲載の可否、リターンのご希望などをお伺いしますので、お返事をお送りください

  3. 教材が完成したら、DEARよりご報告をお送りします。

ご寄付の金額とリターンについて
ご寄付は任意の金額でしていただけますが、3,000円以上のご寄付にはお礼(リターン)をご用意しています。

また「リターンはいらない」という選択もすることができますので、お選びください。DEARは認定NPO法人のため「リターンなし」の場合は確定申告で税控除が受けられます。

リターンを利用される場合は「対価性」が生じるため、税控除は受けられません。税控除のしくみについては以下をご参照ください。
http://www.dear.or.jp/donation/1062/#anchor-5

このプロジェクトは、All-In方式です
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額がDEARへのご寄付となります。

そのほかの方法

郵便振替や銀行振込でもご寄付をしていただけます。

<郵便振替>
口座番号 00180-8-50096
口座名義 (特活)開発教育協会
※通信欄には「CF寄付」と明記の上、お名前・ご住所をご記入ください。

<銀行振込>
三菱UFJ銀行 高田馬場支店
口座番号 (普通)1509685
口座名義 特定非営利活動法人開発教育協会
※入金後はお手数ですが、メールにて、以下5点についてDEARまでご連絡をお願いします。(1)お名前 (2)ご住所 (3)振込み時の振込人名 (4)金額 (5)振込日。

ご質問&ご相談

ご質問・ご相談などありましたら、お気軽にDEAR事務局までお問い合わせください。
E-mail: main@dear.or.jp

応援、お待ちしております!

応援メッセージ

非公開
非公開
応援しています!出来上がりが楽しみです。
横山 秀
横山 秀
社会を直接変えるより、変化の担い手を育てるDEARさんの活動。応援しております。
青木 将幸
青木 将幸
ファッション業界の環境対応は急務です。この教材開発がきっかけとなって、消費者の視点が深くなり、業界全体の動きが加速するのは素晴らしいこと。アパレル勤務の友人にもシェアしておきます!
3,000円
3,000円(リターンあり/教材)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2. 完成した教材を1冊(発送は2022年2月を予定しています)
3,000円
3,000円(リターンなし)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2.税控除の手続きに必要な領収書をお送りします(2022年1月予定)
5,000円
5,000円(リターンあり/教材)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2. 完成した教材を1冊(発送は2022年2月を予定しています)
5,000円
5,000円(リターンあり/ワークショップ招待)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2. 教材をつかったワークショップへのご招待(2022年3月下旬の週末にオンラインで開催予定)
5,000円
5,000円(リターンなし)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2.税控除の手続きに必要な領収書をお送りします(2022年1月予定)
10,000円
10,000円(リターンあり/教材&ワークショップ招待)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2. 完成した教材を1冊(発送は2022年2月を予定しています) 3. 教材をつかったワークショップへのご招待(2022年3月下旬の週末にオンラインで開催予定)
10,000円
10,000円(リターンなし)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2.税控除の手続きに必要な領収書をお送りします(2022年1月予定)
20,000円
20,000円(リターンあり/教材&ワークショップ招待)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2. 完成した教材を1冊(発送は2022年2月を予定しています) 3. 教材をつかったワークショップへのご招待(2022年3月下旬の週末にオンラインで開催予定)
20,000円
20,000円(リターンなし)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2.税控除の手続きに必要な領収書をお送りします(2022年1月予定)
100,000円
100,000円(リターンあり/教材&ワークショップ&講師派遣)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2. 完成した教材を1冊(発送は2022年2月を予定しています) 3. 教材をつかったワークショップへのご招待(2022年3月下旬の週末にオンラインで開催予定) 4. 教材をつかったワークショップへの講師派遣(1回2時間程度・交通費は要相談)
100,000円
100,000円(リターンなし)
1. 教材にお名前の掲載(決済後に可否をお尋ねします) 2.税控除の手続きに必要な領収書をお送りします(2022年1月予定)
認定NPO法人 開発教育協会(DEAR)
団体名

認定NPO法人 開発教育協会(DEAR)

国際協力 / 子どもの教育 / 社会教育推進
南北格差・環境問題・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題は、わたしたちの経済活動や消費行動、生活のあり方と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点で、それらの諸問題の解決に取り組む市民を育くむための教育活動です。 開発教育協会(DEAR)は、開発教育の普及と実践を通して、公正で持続可能な社会の実現のために行動する市民を育むことを目的に活動しています。