学校、家庭以外の居場所としてフリースクールを選択肢に‼️ 関口健志のバースデードネーション

寄付先:
任意団体 フリースクールヒュッゲ
私、関口健志は今年11月で48歳になり節目の年を迎えます。 これからの半生、フリースクールヒュッゲ代表として、不登校などで生きづらさを抱えている子どもたちや若者、未来を担う子どもたちや若者のために捧げていきたいと強く思っております。 皆さまからの温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。
関口健志
23,757円
/目標:100,000円
118%
100%
¥23,757
現在の支援金額
7人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / 銀行振込
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

私、関口健志は今年の11月で48歳になり節目の年を迎えるにあたり、これからの半生、フリースクールヒュッゲ代表として、不登校などで生きづらさを抱えている子どもたちや若者、未来を担う子どもたちや若者のために捧げていきたいと強く思っております。

私は20余年、家庭教師、ひきこもり支援相談士として学習支援以外に不登校、ひきこもりなどで悩み、苦しんでいる子どもたち、親御さんの声を聴いてきました。その度に学校、家庭以外の自分らしくいられるもう一つの居場所が必要だと思いました。

県央地域は少子化にもかかわらず、不登校の児童・生徒は減らず、また、彼らのもう一つの居場所になりえるフリースクールの認知度も低い状況です。それらの現状、課題を改善し、未来を担う子どもたちのために県央地域にフリースクールを開校する必要があると強く思いました。

フリースクールヒュッゲは”ヒュッゲ”(「人と人のふれあいから生まれる、穏やかな居心地の良い雰囲気」という意味のデンマーク語)を理念とした自分らしく生きるもう一つの居場所を目指しています。ヒュッゲの主役は子どもたち自身です。自分のやりたいこと、好きなことに自分のペースで取り組みながら、自己実現できる環境を提供しています。

年々、不登校の人数が増加の一方で全国で約20万人(2020年度)となっており、コロナ禍の影響を受け、今後ますます不登校の人数が増加していくと思われます。不登校の人数の増加と共に学校、家庭以外の居場所としてフリースクールなどの需要が高まってきています。しかし、経済的理由によりフリースクールを利用したくても利用できない方が多くいらっしゃいます。フリースクールの月額の利用料金の全国平均は約33,000円(入会金など含まず)というデータもでていますが、その金額でも補助金や公的支援なしではフリースクール運営を継続していくことが厳しい現状です。フリースクールヒュッゲとしては利用者の経済的負担を考慮し、全国平均よりは利用料金を低く設定していますが、コロナ禍の影響などにより経済的困窮者が増え、フリースクールを利用したくても利用できない方が増えています。

利用者の経済的負担を軽減し、なるべく多くの方に利用していただきたいと思っているとともに支援を必要としている人に必要な支援を継続していくためにはフリースクールを継続していく必要があります。助成金や行政などの公的支援も必要と考えておりますが、よりスピーディーに支援を必要としている人に必要な支援を続けていくためにも皆様からのご寄付が必要と考えております。

どうか、皆様の温かいご支援を宜しくお願い申し上げます!

応援メッセージ

清水 恵美
清水 恵美
お誕生日おめでとうございます! いつも素敵な活動だと思ってFB読んでいます 微力ながら応援させてください
鈴木 義明
鈴木 義明
お誕生日おめでとうございます! 関口さんのご活躍、応援します! そしてフリースクールヒュッゲと、その子供たちに、ご多幸ありますように^ ^
関口健志
作成者
関口健志
バースデードネーションにご寄付していただきありがとうございます。 いただいたご寄付は大切に使わせていただきます。 今後ともご支援宜しくお願い申し上げます。
480,000円
フリースクールヒュッゲ利用金補助48人分
フリースクールを経済的理由などで利用したくても利用できない方などお一人につき、一万円分の利用金補助に使わせていただきます。 一万円×48人=48万
任意団体 フリースクールヒュッゲ
団体名

任意団体 フリースクールヒュッゲ

子どもの教育
ヒュッゲは不登校、ひきこもりなどで自分の居場所がなく、生きづらさを感じている人たちや未来を担う子ども達が自分らしく生きるためのもう一つの居場所を提供しています。