小野塚吏音 バースデードネーション

寄付先:
任意団体 学生医療支援NGO GRAPHIS
学生医療支援NGO 〜GRAPHIS〜
0円
/目標:10,000円
0%
¥0
現在の支援金額
0人
支援者数
6日
残り

皆さま初めまして!学生医療支援NGO-GRAPHIS-の おのづかりおです!6/14に誕生日を迎えます!

あら、この間、誕生日を迎えたじゃない、と思いましたが時の流れは早いものですね。

学生医療支援NGO-GRAPHIS-(以下GRAPHIS)は、「カンボジアへの医療支援」と「ボランティアカルチャーの伝播」の2つを軸に活動している学生団体です。今年で18年目を迎えました。学校・学部も異なる大学生たちが、カンボジアについて考え続け、できることはないかと日々模索しています。大学生の私たちでは、できることは限られます。それでも、小さな1つのことが世の中、世界を変えるきっかけになれるのではないかと思っています。

私がGRAPHISに入った経緯を、将来の夢と繋ぎあわせて、少しお話しします。私の将来の夢は、国際看護師になることです。この夢は中学2年生の時に抱き、今でも変わっていません。今後も一生変わることはないでしょう。そんな私は大学入学後、大学生のうちから、途上国の医療に携わる経験をしたいという気持ちを持っていました。そして、GRAPHISを見つけ、自分の目指す将来像の足がかりになると思い、入団にいたりました。あの時の決断は間違っていなかったです。カンボジアについて知れば知るほど、触れるほど、「なんて素敵な国なんだ!」「医療の現場はまだまだ向上するのでは!」というワクワクを感じました。GRAPHISは、その感情に出会える団体なのです。そして、カンボジア現地には、一緒に活動してくださる団体がいます。おかげさまで私たちGRAPHISは、現地でも活動できています。私は、現在大学3年生であり、約3ヶ月後に引退です。振り返ると、本当にGRAPHISに出会えて、活動できて幸せだったなあと思います。初代代表をはじめ、歴代の先輩方を尊敬していますし、素敵で、かわいい後輩達と出会えたことに感謝しています。そして、引退してからもカンボジアには関わっていきたいと思います。

 現在は、コロナ禍において、思うようにカンボジア現地で活動ができていません。しかし、私たちは、「今できることを全力で考え、全力で行動する」という気持ちで日本国内でも出来ることを模索し、活動しています。今までは、イベントを開催し、そこで得た収益金全額をカンボジアへの支援へあてていました。しかし、現在の活動資金はごくわずかです。ボランティアにおいては、思いが大切です。活動資金は二の次であると思っています。しかし、活動資金があることで、活動できる幅が広がることも事実であります。この文章を読んでくださったあなた様が、少しでも、GRAPHISの活動に賛同し、これからも応援したい!もっとGRAPHISについて知りたい!と思ってくださりましたら、ご寄付いただけますと幸いです。

 そして、誕生日を迎えました わたくし小野塚も、世のため人のために活動を続けていきたいです。

応援メッセージ

🎈寄付して最初のメッセージを贈ろう🎈
任意団体 学生医療支援NGO GRAPHIS
団体名

任意団体 学生医療支援NGO GRAPHIS

国際協力 / 子どもの教育 / 保健・医療増進
「カンボジアへの医療支援」と「ボランティアカルチャーの伝播」の2つを活動理念に活動しています。