榎本恵のバースデードネーション★スラムの子どもたちの誕生日プレゼントに!

寄付先:
一般社団法人 モザンビークのいのちをつなぐ会
モザンビークのいのちをつなぐ会の榎本恵です。 わたしへのバースデードネーションは、すべてモザンビーク共和国カーボデルガド州ペンバのスラム・ナティティ地区にある、<スラムの学び舎・寺子屋>の子どもたちの誕生日プレゼントに変わります!
May
74,000円
/目標:50,000円
148%
¥74,000
現在の支援金額
13人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

今日、スラムの学び舎・寺子屋のマルセーロから「きょうは、ぼくの誕生日だよ。15歳になった」と、メッセージが来た。

わたし「おめでとう!寺子屋に行って、プレゼントねだっておいで」
マルセーロ「そんなことはできない」
わたし「何も欲しくないの?」
マルセーロ「すごくすごく欲しいけど、誕生日にプレゼントはないから」

私自身は幼いころから今に至るまで、誕生日やイベントごとに興味がない。
自分の誕生日もSNS上で、公表していない。
そしてモザンビークのスラムの人たちは、子沢山で生活がとても厳しいので
子ども一人ひとりの誕生日のお祝いをすることもない。
モザンビークのスラムに住んで8年間、たっくさんの子どもに囲まれて、
たくさんの青年たちと活動をしているのに、これまで誰の誕生日も
祝うことはなかった。
だから、わたしは誕生日や誕生日プレゼントの「価値」にむける意識が低い。

そのマルセーロからメッセージのやり取りをした4時間後に
シンカブルから「バースデードネーションのベストタイミングに
なりました」。とメールが来た。

べつに私は誕生日だからといって欲しい物なんて何もないけれど、
もしも万が一、祝ってもらえるんだったら
そのお祝いを、そっくりそのまま、スラムの子どもたちの誕生日に
スライドできたら、それはそれはとても素晴らしいことなのではないか!
と思い浮かんだのだ。

なーーーんにも無いのが、当たり前の誕生日を
ちょっとワクワクすることがある、サプライズな誕生日に。


その子どもたち、一人ひとりの誕生日のワクワクの素を
みなさんにお願いする。
それが、わたしが望む、わたしへのバースデードネーションです。





応援メッセージ

翁長 巳酉
翁長 巳酉
お誕生日おめでとうございます! いつでもずっと応援しとるぞ。 久々に合いたいもんだねぇ。
非公開
非公開
お誕生日おめでとうございますますっ🎊 テロやらコロナやら大変な毎日ですが、ファイトいっぱーつ!!です! 良い一年になりますように❤️
user_10878
user_10878
お誕生日おめでとうございます!
一般社団法人 モザンビークのいのちをつなぐ会
団体名

一般社団法人 モザンビークのいのちをつなぐ会

国際協力 / 子どもの教育 / 社会教育推進
モザンビーク北部ペンバのスラム地区を中心に貧困層のQOLを向上する活動をスラム地区の青年有志とともに展開。現地はテロ攻撃と自然災害に襲われ、さらに生活が脆弱になっています。「今を生きる」から「未来に活きる」がコンセプトです。 ・教育活動:スラムの学び舎・寺子屋の運営 ・公衆衛生活動:ペンバ美化活動、井戸トイレの設置、こども公衆衛生教育 ・食育、農業活動:モリンガの栽培、欠食児童への配食、有機農業の実践 ・国際相互理解推進活動:日本国内、欧州での音楽と文化公演の実施