このキャンペーンは継続寄付になります。
このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

北海道でレスパイト支援を始めたい!       ~毎月ワンコインから始める支援~

寄付先:
一般社団法人 北海道こどもホスピスプロジェクト
病気とともに生きるこどもや、そのきょうだい、ご家族が、 「自宅」と「病院」以外でものびのびと、家族の時間を安心して過ごせる場所が、 現在の社会にはなかなか存在していません。 私たちはその社会課題を解決したいと考え、全国でも数少ない「こどもホスピス」 設置に向けて、2016年から活動をしています。
一般社団法人 北海道こどもホスピスプロジェクト
157人
/目標:150人
157%
100%
157人
現在の支援者数
¥201,000
支援金額
終了
残り
継続寄付する
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

今回は全国こどもホスピスデー(4月28日)に合わせて、
はじめてマンスリーサポーターを
1カ月間、集中募集させていただきました。

期間を定めて実施させていただいたのには、理由があります。

それは、
一年前より同じように期間を定めずに
支援者募集をしていたのですが、
あまり多くの方にはこのページの情報が届きませんでした。

今回、期間を定め、
シンカブルさんの協力を得ながら皆さんと共に
ゴールに向かうキャンペーンをさせていただいたことで、
スタッフもこの期間に全集中することができ、
みなさまに情報を発信、お声掛けすることができました。

キャンペーンの前は数人しか見られていなかった
団体ページもこの1か月間で、

ページビュー  7,747
ユーザー    1,868名の方に
ご覧いただくことができました。

本当にありがとうございます。

マンスリーサポーターの募集キャンペーンは終わっても、
これからが本番。

皆様からのご支援金を活用し、
実施に向けて取り組んで行きます。

今後とも、 どうぞよろしくお願いいたします!

サポーター募集キャンペーン。
残り3時間です。。。セカンドゴールの150名、
達成できるでしょうか…ドキドキ。。。。

twitter
facebook

応援メッセージ

非公開
非公開
応援しています!
佐藤貴虎
団体
佐藤貴虎
横浜に続けるよう頑張ります!
Yoshihiro Kabasawa
Yoshihiro Kabasawa
応援しています! 横浜に続いて北海道でも実現させましょう。 頑張ってください。
500円
【ワンコインサポーターになる】 ーご寄附は季節のイベント開催時の経費や、会場費に活用させていただきます。また、続けてご寄附いただくことが何より私たちの励みになります。
1,000円
【ランチ1回分のサポーター】 ー障がいや、病気とともに生きる子どもが誰でも楽しめる「遊び方」の勉強会や、『こどもホスピス』の概念を広めるための講演会活動の経費として活用させていただきます。
2,000円
【ありがとうございます!】 ーこの活動を継続していくために、理解ある方のご寄附は大変励みになります。 活動の報告として、年に2回「にぃにゃ」という会報誌を作成し(お金をかけずにスタッフが作成)メールにてお送りさせていただきます。
3,000円
【こどもたちへありがとうございます】 ーこの活動を継続していくために、理解ある方のご寄附は大変励みになります。 また活動の報告として、年に2回「にぃにゃ」という会報誌を作成し(お金をかけずにスタッフが作成)メールにてお送りさせていただきます。 さらに、外出のチャンスが難しいご家族をサポートさせていただききお出かけイベントなどの経費に活用させて頂きたいと思います。
5,000円
【こどもたちへありがとうございます】 ーこの活動を継続していくために、理解ある方のご寄附は大変励みになります。また活動の報告として、年に2回「にぃにゃ」という会報誌を作成し(お金をかけずにスタッフが作成)メールにてお送りさせていただきます。 さらに、レスパイトにかかる経費として専属の看護スタッフや医療的ケアを担当するスタッフの費用に活用させて頂きます。
10,000円
【2022年こどもホスピスにあなたのお名前を!】 ー継続してご寄附いただけることが何よりの理解であり大変に感謝いたします。2022年に開設を目指している北海道こどもホスピスの壁にあなたの名前を刻ませて頂きただきます。 どんなこどもも「自分らしく学べる。遊べる。」場所、社会を目指して。 あなたのご寄附で必ず実現させます!
一般社団法人 北海道こどもホスピスプロジェクト
団体名

一般社団法人 北海道こどもホスピスプロジェクト

子どもの教育 / 障がい・介護支援 / 社会教育推進
北海道にも病気を向き合うこどもが、こどもらしい暮らしや遊びが自由にできる場所・環境の設置を目指して活動しています。