このキャンペーンは継続寄付になります。

このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

北海道でレスパイト支援を始めたい!       ~毎月ワンコインから始める支援~

寄付先

一般社団法人 北海道こどもホスピスプロジェクト

運営事務局

支援者数

157人

/ 150人

157%
150%
100%

支援総額

201,000円

支援者数

157人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

#17 応援メッセージ☆本多 貴子(ずんこ) さん

2020/5/17 21:47

年間を通して、様々な状況に置かれた子ども達と一緒に、
目まぐるしく変化する大自然の中で野外活動をしています。

全ての子どもたちに共通している事は、
今を生きているという事、そして、
私たち大人も子どもも共に生きる仲間だという事です。

共に生きる仲間だからこそ、急激な社会の変化の中でも、
私たちは重い病気や障がいと闘う子どもたちと
その家族とともに、寄り添って歩んでいきたい。

そのためにも、地域に根差した
『こどもホスピス(=おうち)』を北海道にもつくりたいのです。

ほっとできる場、安心・安全が保障された中での遊びや学び、
大切な大好きな仲間とのひと時、家族の誕生日パーティー・・・。

暮らしの中にある当たり前の日々を
こどもと家族の声に耳を傾けて実現し、
明日を生きる力に変えていくことが、
こどもたちの未来へとつながっていくことを信じています。

北海道の広い大地と、
時に優しく厳しく包み込んでくれる自然の営みのように、
皆様の優しさのおすそ分けをお待ちしております。

皆様の優しさがつながり、
全てのこどもと家族の笑顔につながりますように・・・

マンスリーサポーターへのご協力をよろしくお願い致します。

(株)今治.夢スポーツ 本多 貴子(ずんこ)

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

本日、マンスリーサポーター、80名!に
達することができました!

こんなに早く80名に達することができたのも、
沢山の皆さまのご協力のおかげです。
感謝申し上げます!

100名の目標に向けて更なるご理解を頂きたく、
私たちの活動報告をこれからも毎日アップしていきます。

引き続き多くの皆さまのお力添えを
よろしくお願い申し上げます。


代表理事 佐藤貴虎

写真は英国オックスフォードの
世界初のこどもホスピス
「ヘレン&ダグラスハウス」に訪れた時の写真です。

私たちは難病のこどもたちを支援しています。

息子の久保田鈴之介は、
ユーイング肉腫という病と闘い続け、
2度目の寛解を迎える高校2年の時でした。

病気で後に続くこどもたちのために、
高校生の院内学級を大阪市(当時橋下徹市長)へ訴え、
大阪府や大阪市で非常勤講師を派遣する学習支援制度や
インターネット遠隔授業が正式に制度化されました。

鈴之介が亡くなった後、
制度の拡大を図りますが7年が経過しても
全国のほとんどの自治体で「出来ない、出来ない」と
改善が進まず、21世紀の現代でも
病弱のこどもたちの尊厳、
人権が確立されていない環境が今もなお、続いています。

コロナ禍で健常なこどもたちが学校に行けなくなると、
ON LINE授業がすぐに討議されてほんの数か月で実行されるのに、
病弱者への遠隔授業が何年も「出来ない」理由は
どういうことだったのでしょう。

病弱者はコロナ禍よりも命をおびやかされるような
厳しい日常の中で今もずっと闘い続けています。

亡くなった鈴之介は
『思っていても行動に移さないと何も変わらない』と
よく言ってました。

明日の日本を担え、病弱者ゆえに人の心がよくわかる、
しっかりしたこどもや若者に心を育くむ環境は
絶対に重要なのです。

みなさん、ともに行動に移しませんか?

「北海道こどもホスピス」を立ち上げるこの時、
病気のこどもたちの支援に加わってみませんか。

命を脅かす病気や障がいのあるお子さんや
ご家族をみんなで見守る優しい社会に。

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト
事務局の飯山さちえです。

日本にはほとんどない「こどもホスピス」を
横浜にも作ろうと活動しています。

私は、家族でイギリスに住んでいた頃に
母を脳腫瘍で亡くしました。

効果的な治療はなく、自宅でケアしながら、
必要な時には通院し、最後はホスピスで看取りました。

外国で家族が余命宣告をされるなんて大変だったでしょう、
と思われるかもしれません。でも、振り返えると、
心が温かくなるような思い出が沢山あります。

不安なこともあったはずですが、医療関係者や
地域の方々が友人のように
温かく手を差し伸べてくださり、
私たちは安心して家族としての豊かな時間を過ごすことができたのです。

こどもホスピスもそんな場所でありたいと思います。

重い病気と向き合うご家族をみんなで支える
優しい社会を一緒に作っていきませんか?

北海道こどもホスピスプロジェクトのサポーターとして。

3456789

一般社団法人

北海道こどもホスピスプロジェクト

〒060-0063

北海道札幌市中央区南三条西南三西四ビル9階

05068711255

https://www.h-chp.org

代表:佐藤貴虎

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved