任意団体

ばなな先生とよかよか学院

寄付する

子どもに教育を届けたい

女性の支援をしたい

出産・子育てを支えたい

4人のフォロワー

ビジョン

お母さんが心から「自分でいいんだ」と思えること。その第一歩は「お母さん、やってるだけで素晴らしい」という事実を受け取ることです。 お母さんから家族全体へ承認の輪を広げます

もっと見る

私たちの取り組む課題

お母さんの自己肯定感アップ

お母さんがどれだけすごいのかを子供側、パートナー側からの視点で紐解く

お母さんの自己表現が子どもの自己表現力アップにつながる

お母さんの子どもの頃の感性を見つけ承認する

教育現場とお母さんとの交流

子どもたちの自己表現力アップ

先生、保育士など教育従事者の応援支援

なぜこの課題に取り組むか

小学校の先生を23年半、やりました。

子ども達の多くが「自分が嫌い」っていっていたので(なんと8割)

「自分科」っていう自己肯定感のあがる実践をしていました。


そんなある日、

彼らが、家族、特にお母さんに承認されたくって

がんばっていることに気づきました。


お母さんに

それでいい、あなたらしくっていい

って言われるだけで彼らは勝手に成長していくことにも気づきました。


それでいい、って言えばいいんですね。


そうなんです。

それだけの話なんですがそうは問屋が卸しませんでした。

なぜならば、

お母さんが死ぬほど自分が嫌いなんです。


わたしが親になって気の毒だと泣いたり

うまく子育てができない、

あるいは、自分に似ていて嫌だというのです。


そもそも子どもは

お母さんの好きなところを

だらしないところ

ぼけっとしているところ

つまらないギャグを笑うまで言い続けるところ

ってそのままのお母さんを受け入れ

さらにはコピーしています。


お母さんだから好き、って言い切る子もたくさんいます。


ところが、当のご本人が自分が母親ではだめだと言います。


そもそも

お母さんは役割にしか過ぎず、

しつけや、スキルアップをするのは別の方の仕事です。

日本の社会風土が

子育てをお母さんのせいにする風潮があり

責任の全てが自分にかかっているような錯覚に陥ります。


そもそもガチでやっているから

感情的になったり

悩んだりするわけで、

その辺のおっさん捕まえて

しつけがなっていないって怒るお母さん、見たことがありません。


ありのままのお母さんと

子どもの濃厚なすったもんだの体験


これが子育てであり

ぼくはこれこそ「きょういく」だと思っています。


子育てが上手くいこうがいくまいくまいが、じつは関係なく

そもそも何が上手くいっているのかは

お母さんと子どもしか知らないんです。


さて。

じゃあ、お母さんのままって何っていう話です。

日本中のお母さんが自分を大切にし、ダメなところを受け入れることです。


するともともとそのダメなところが好きな旦那さんや子供たちは幸せになります。


よかよか学院は

お母さんから日本の家庭と教育の創生をめざしています。





寄付金の使い道

みなさまに「お母さんを応援するため」に頂いたお金で

日本全国のお母さんを

弊社の「お母さんやっているだけで素晴らしいお話会」

に無料で招待させていただきます。

さらに

ご希望のお母さんの子育て相談、パートナーシップ相談

無料や減額にて対応させていただきます。


お母さん自身が自分のことを好きになることによって起こる奇跡をたくさんお伝えしたり実感したりしていただきます

任意団体

ばなな先生とよかよか学院

09045442162

https://yokayoka-gakuin.com/

代表:小塙雅多加

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved